28日、中国台湾網によると、沖ノ鳥島沖で海上保安庁に拿捕された台湾漁船の船長が、日本側の対応に不快感をあらわにした。資料写真。

写真拡大

2016年4月28日、中国台湾網によると、沖ノ鳥島沖で海上保安庁に拿捕(だほ)された台湾漁船の船長が、日本側の対応に不快感をあらわにした。

25日未明、海上保安庁は沖ノ鳥島の東南東沖約150カイリの海域で台湾漁船を拿捕した。これに対して、台湾当局は「沖ノ鳥島は『島』ではなく『岩礁』である」とすぐさま抗議。翌26日の午後4時過ぎに、漁船の所有者が担保金600万円を支払い、乗組員らは釈放された。

漁船の船長の潘建鵬(パン・ジエンポン)氏は27日に台湾メディアの取材を受け、日本での扱いに不満を述べた。潘氏によると、拿捕された当日、手錠をかけられて海上保安庁の船で取り調べを受けた。「26日正午までに176万円を支払えば釈放する。支払わなければ横浜に移送して800万円の罰金が科される」と説明されたが、25日午後9時には「翌日まで待てない」と言われ、横浜に移送されたという。

潘氏は、「横浜に着いたら素っ裸にされて検査され、その後、独房に入れられた。尊厳はまったくなく、犯人のような扱いを受けた」と語り、拘束された10時間余りはいつ釈放されるかということだけを考えていたという。また、「明らかに合法的な漁で“漁業署”も確認済みだった。公平・正義はまったくなかった。失った金と尊厳は、どうしてくれるんだ」と訴えた。(翻訳・編集/北田)