ノキア、仏Withingsを買収してデジタルヘルス事業に参入

写真拡大

ノキアは、デジタルヘルス製品やウェアラブル機器を扱うフランス企業Withings(ウィジングズ)を1億7,000万ユーロ(約214億円)で買収すると発表した。

「ノキア、仏Withingsを買収してデジタルヘルス事業に参入」の写真・リンク付きの記事はこちら

フィンランドのノキアは、デジタルヘルス製品やウェアラブル機器を扱うフランスの企業Withings(ウィジングズ)を1億7,000万ユーロ(約214億円)で買収すると発表した。

ノキアが「新しい章」の始まりになると述べているこの契約では、Withings社のセドリック・ハッチングス最高経営責任者(CEO)が、ノキアが新しく立ち上げるデジタルヘルス・ビジネスの指揮を執る予定だ。

ノキアのラジーヴ・スリ社長兼CEOは声明で次のように述べている。「わたしたちは一貫して、デジタルヘルスはノキアが戦略的に関心をもつ分野であると言い続けてきました。そしていま、この巨大で重要な市場におけるチャンスを利用するための具体的な行動を取ることにしたのです」

2008年創立のWithings社は、フランスを拠点とし、パリ、米国マサチューセッツ州、香港に200人の従業員がいる。

Withings社が生産する、健康やライフスタイル関連のさまざまな製品には、高級なスイス製のアナログ腕時計に見えるが、実はフィットネス・トラッカーという「Activité」(日本語版記事)、シンプルな体温計「Thermo」(日本語版記事)、睡眠中の動きを追跡するセンサー「Aura」、家庭用空気モニターなどがある。

RELATED

Withings社によると、買収価格は1億7,000万ユーロで、支払いは2016年第3四半期に現金で行われる予定だが、当局の承認が必要となるという。

「ノキアに加わり、健康につながるというわたしたちのヴィジョンを世界のより多くの人々に届けられることをとても嬉しく思っています」と、ハッチングスCEOは声明で述べている。

マイクロソフトは2013年にノキアの携帯電話事業部門を72億ドルで買収したが、その後、「Windows Phone」機器の大幅な売り上げ増加が見られなかったことから、2015年に7,800人を解雇し、76億ドルの減損処理を発表した。このレイオフの前には、ノキア携帯部門の買収を行ったマイクロソフト役員でノキアの前CEO、買収時にマイクロソフトに戻ったスティーヴン・エロップ(日本語版記事)がマイクロソフトを退社している。

ノキアの研究開発部門ノキア・テクノロジーズはその後、VRカメラの「OZO」や「Android」対応タブレット「N1」でカムバックを果たしている。

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「BODY & HEALTH 病気にならないカラダ」

先端科学とテクノロジーは、ぼくらのカラダをいかに変えていくのか? 微生物・量子・遺伝子から見えてくる身体の新常識、21世紀のヘルスを拓く施設、そしてウェアラブルや遺伝子編集などのテクノロジーがもたらす「未来のヘルスケア」を読み解く。第2特集「イスラエル ゼロワン国家の夢」のほか、人間と囲碁AIの頂上決戦を目撃した4人の証言、映画『レヴェナント』の音楽を務めた坂本龍一&主演レオナルド・ディカプリオの独占インタヴューを掲載。