写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マクニカは4月27日、同社技術ブランド Mpression(エムプレッション)のサービスとして、FPGA向けOpenCL開発環境をネットワーク経由で無償提供するサービス「Mpression OpenCL ラボ」を開始すると発表した。

「Mpression OpenCL ラボ」は、アルテラのFPGA搭載ボードとFPGA開発ソフトウェア一式(アルテラ SDK for OpenCL 含む)が導入されたサーバを、暗号化されたセキュアなネットワーク経由で無償で貸出するサービス。ユーザーはFPGAによるCPUアクセラレーションやソフトウェア開発フローの評価プラットフォームとしてMpression OpenCL ラボを活用可能。

FPGA開発環境としては、評価用サーバにアルテラ SDK for OpenCLを含むFPGA開発ソフトウェア一式をインストールして提供。同サービスにより、プロセッサの演算アクセラレータとして、高性能FPGAをOpenCLで開発することを検討しているユーザーは初期投資なしで評価を始めることができる。

Mpression OpenCLラボ環境・インストール済みソフトウェアは以下の通り。今後、Arria 10 FPGAの追加サポートを予定している。

・CPU:インテル Core i7-6700 プロセッサ(4コア、3.4GHz)
・メモリ:DDR4、2133MHz 64GB
・OS:Ubuntu 14.04 LTS
・ソフトウェア:Quartus Prime スタンダード エディション v15.1.2、アルテラ SDK for OpenCL v15.1.2
・FPGA 搭載ボード:Stratix V 搭載FPGA ボード

(Aries)