[練習試合]FW起用も!?U-19代表・堂安律が示した確かな変化

写真拡大

[4.27 練習試合 U-19日本代表候補 0-1 磐田]

 磐田戦で一つのポイントになったのは堂安律のFW起用だった。タイプ的には「トップ下」を最も合いそうな選手だが、4-4-2システムを採用するU-19日本代表にそのポジションは存在しない。これまで右サイドハーフで起用されることが多く、ボランチの適性を探られた時期もあったが、今度はFWとしての起用となった。

 内山篤監督が堂安を最前線に配するのは、そのキープ力とパンチ力を買っているから。よりゴールに近い位置で怖さを出してもらおうという意図である。ただ、「自分が組み立てたいタイプなので、どうしても(中盤に)下りてしまう」と堂安自身が首をひねったように、スムーズに生きる場面は少なかった。「何度か前は向けたけれど、どうも単調になってしまった。今日は何にもしていないですね」と肩を落とした。

 今年高校3年生になった堂安だが、G大阪ユースはすでに「卒業」。専らG大阪U-23にて、今季J3に参戦となったチームの主軸選手として全6試合にフル出場して4得点という「活躍」を見せている。第5節・FC東京U-23戦では鮮烈なボレーシュートを流し込み、直近の第6節・大分戦でも2得点。内山監督がFW起用に踏み切ったのも、その得点力を買ったからなのは明らかだ。結果を出しながらトップチームからは「紅白戦にも呼んでもらえない」という、ある種のもどかしさを感じながらではあるが、「腐ったら終わりなんで、もう腐らないですよ」と持ち前の明るさで前向きに取り組んでいる。

「去年はちょっと腐ってたところがあった」と言う堂安が腐らないで済んでいるのは「G大阪U-23」というチームが今季から存在している効用でもあるだろう。フラストレーションをぶつけて自分の力を示す場であると同時に、「ガンバっぽいサッカーで、すごく楽しい」というのもあるようだ。「(オーバーエイジでJ3の5試合に出場した)フタさん(二川孝広)とかホントにすごい。動いたら出してくれるし、スルーパスとかさすがと言うしかない」と、かつては遠い存在だった “ガンバの10番”との共演も堪能している。

 単にU-23でくすぶっているというわけでもない。自分のプレーを進化させるために突き詰めていることの一つが「右足」だ。「以前は『右足なんて使えんでいい』と思っていたんですけれど、メッシが右足でよく決めるのを観て考えが変わりました。右サイドから縦に行ったら何もできひんという選手にはなりたくないし、シュートも狙いたい」と言い、練習から意識して取り組んでいる。

 磐田戦でも前半終了間際に鮮烈な右足ボレー……を枠上に大きくふかしたが、あそこでトラップから持ち直そうとしなくなったのは、堂安の小さな、しかし確かな変化だ。G大阪の未来を背負う逸材は、その場面を「自分的にはかなりいい感じで(足に)当たったんですよ」と笑って振り返りつつ、「もっと向上心を持ってやらなアカン」と言うのも忘れなかった。

(取材・文 川端暁彦)