マコーレー・カルキン、俳優業は事実上引退

写真拡大

マコーレー・カルキンは事実上俳優業を引退しているそうだ。

気の向くままに毎日を過ごしている

「ホーム・アローン」シリーズで10歳という若さで一世を風靡した現在35歳のマコーレーは特に頻繁に仕事をすることもなく、気の向くままに毎日を過ごしているそうだ。ニューヨーク誌のインタビューに応じたマコーレーは「僕は30代半ばにして事実上俳優業を引退しているんだ」「今は気の向くままに毎日を過ごしているよ」と話す。

ほとんどの時間を絵をかいたり、書き物をして過ごしているというマコーレーは「ホーム・アローン」シリーズが初公開されてから25年の月日が流れているというのに、いまだにその存在にしばしば気づかれるという。ニューヨークとパリを行き来して生活しているマコーレーは当初、フランスにいれば誰も気が付かないだろうと思っていたそうだが「彼らは僕に気づいていたよ、でも気にしないって感じだったね。だから僕は『これまでの僕の人生で君たちはどこにいたのさ?』って思ったよ」と語る。

俳優業は引退したと語るものの、近日公開のアダム・グリーン監督作『アラジン』に出演しているマコーレーはパリのとあるカフェに入ったときに、インターネットを利用するため店員にWiFiパスワードを尋ねたところびっくりするような出来事が起きたと続ける。「店員が僕にパスワードを持ってきてくれてそれを見たら、なんとWiFiパスワードが『マコーレー・カルキン』だったんだ。その店員がまた僕のところに戻ってきたとき『君のお店のWiFiパスワード、気に入ったよ』って言ったら『ありがとう』って言ったから、僕は『それ僕だよ』って答えたんだ。すると彼女は真っ青になってカフェのオーナーさんを連れてきたよ。オーナーさんは『あなたがいつの日かここに来てくれるとわかっていました』って言ったんだ」

マコーレーはアメリカの滞在時には19歳の時に購入したニューヨークのアパートにいるそうだが、街中で気づかれることを避けるために「僕は夜中2時か4時ころにしか外に出ないんだ。誰もいないから気づかれることもないしね」と話していた。

Written&Photo by bangshowbiz