密着・小林可夢偉(1)

「ホンマにこれ、同じクルマなん!?」

 マシンを降りてヘルメットを脱ぐなり、乱暴に髪をかき上げながら小林可夢偉は言った。

 走り慣れた鈴鹿サーキットで行なわれた2016年のスーパーフォーミュラ開幕戦。金曜日に1時間だけ与えられたフリー走行を終えた可夢偉は、かなり苛立っていた。

 降りてすぐにリアタイヤを素手で触って温度を確かめるのは、マシンのフィーリングに満足していない証(あかし)。F1のころからその癖は変わっていない。チームメイトのタイヤも触ってみて、力なく左右に首を振る。

 3週間ぶりに乗った『SF14』が、あまりにも予想外の挙動を示した。ピットガレージ裏で行なわれる技術ミーティングの間も、可夢偉は険しい表情を崩すことがなかった。

「開幕戦では優勝を目指します」

 2年目のシーズン開幕を前にそう言い切れるほど、可夢偉は3週間前の岡山テストでマシンの仕上がりに手応えを感じていた。

 しかし鈴鹿へ来て、いざ走り出してみれば、これだった。

「オーバーステアとかいう以前の状態。ドライブするのが恐くて、とても乗ってられへんくらいやから......」

 参戦初年度の昨年ならきっと、そこからギャンブル的にセッティングを大きく変えてぶっつけ本番で予選に臨んでいたことだろう。Q1、Q2、Q3と進んでいく予選のセッションごとにさらにセッティングを変え、決勝に至るまで毎回のように違うクルマで走ることもザラだった。

 しかし、今年の可夢偉は違う。

「ミーティング後に僕が(全ドライバーが集まる)ドライバーズブリーフィングから帰ってきたころには、『これだよね』って僕に確認することもなく、もうマシンのセットアップが変更されてましたからね。(担当エンジニアの山田)健二さんと僕の間の共通認識として、この辺が問題だろういうのがわかってたんです」

 可夢偉とチーム・ルマンは、冬の間にじっくりと腰を据えて準備を進め、自信を持ってシーズンに臨んでいた。

「この冬のテストの間に、ダメなのがわかってるけどあえて、『こういうことをやったらこうなる』っていう"ダメ出しセット"をひと通りすべてやってたんですよ。だからこうなったときに、『これとこれだ』っていうのが見えてたわけです」

 翌朝のフリー走行は2位。マシンは劇的に良くなっていた。

 予選は20分間のQ1が5位、7分間のQ2が2位。ホンダ勢が明らかに強さを見せ、トヨタ勢が次々と脱落していくなかで、可夢偉はトヨタ勢で最速の存在だった。

 ホンダの山本尚貴が圧倒的に速い。しかし、可夢偉はポールポジションも狙えるかもしれないと思った。

「よーしっ!」

 セクター1を好タイムで通過したのを見て、山田エンジニアが強く拳を握る。しかし、攻める気持ちが限界を超えさせ、その先のデグナーカーブで可夢偉はコースを飛び出してしまった。

 タイヤのもっとも"美味しい"周回を使えず、翌周にアタックし直しても、時すでに遅し......。可夢偉は、Q3に進んだ8台中8位の結果に終わった。

 優勝を狙うためには、絶対に欲しかった上位グリッド。だからこそ攻めた。そんな肝心な場面で犯してしまったミスに、ピットに帰ってきた可夢偉は恥ずかしそうにチームスタッフたちに詫び、机に突っ伏した。

「僕の失敗です。カッコ悪い失敗をしちゃいました。Q2までの流れを見て、山本(尚貴)まであと0.15秒っていう数字が出てたんで、がんばればなんとかなるんじゃないかって欲をかきすぎたのがアダになりました......。その失敗以外はすごくいい感じやったから、心が痛いし、二度と言わせないでください(苦笑)」
 今年から使われることになったヨコハマタイヤは、グリップのピークを掴むのが難しい。名手と言われるドライバーでさえスピンする場面が多々見られたのは、そのせいだった。

「去年の感覚で最後に『いっちゃえ!』って攻めると、裏目に出てるんですよ。今までスピンするところなんか見たこともなかったようないろんなドライバーがスピンしてるのも、そのせいやと思う。僕自身、このタイヤにもうちょっと慣れる必要があるかなと思います」

 優勝を狙っていたはずの開幕戦で、まさかの8番グリッド。目標は「予定変更で表彰台狙いへ」。

「明日"は"、がんばります!」

 小雨が降り出すなか、チームメンバーたちにそう言ってサーキットを後にした可夢偉は、馴染みの焼き肉屋で精をつけ、決勝本番に備えた。ピットウォークやトークショー、ゲストへの挨拶など、朝から慌ただしいスケジュールをこなしながらも、スターティンググリッドに立った可夢偉の目は鋭く光っていた。

 優勝は難しくても、せめて表彰台を。

 そのためには、いくつものハードルを越えていかなければならない。だから可夢偉は、それと真っ向から向かい合い、人を容易に寄せつけないほどの鋭いオーラを放っていたのだ。

 だが、迎えた決勝のスタートでまさかの失敗。スタートが得意なはずの可夢偉が、11位まで後退してしまった。

 しかし、それは予想されたことでもあった。金曜から可夢偉は、クラッチとタイヤのグリップレベルを神経質なほどに気にしていた。

「スタートは今週ずっとトラブルを抱えてたんですけど、技術的な問題なんで解消しきれなくて。その原因はなんとなくわかったんで、次のレースでは大丈夫だと思いますけどね」

 そして9位まで上がり、早めのピットストップで何台かを抜いて上位への浮上を図ろうとしてピットアウトしていった瞬間、可夢偉は異変を感じた。

「タイヤ、取れてます!」

 右リアタイヤのホイールナットが締まりきっておらず、長い鈴鹿をスロー走行で1周し、ピットへ戻らざるを得なかった。最後はシケインでついにタイヤが外れ、3輪走行になりながらなんとかピットへ戻ったころには、トップから2周遅れになっていた。

 タイヤを履き直してコースへ。残り30周は実戦テストと割り切って走るしかなかった(結果は16位)。

 コース上でのバトルや順位の入れ替わりがほとんどないまま、レースは山本の優勝で終わり、F1バーレーンGPで入賞して注目されたストフェル・バンドーンは3位表彰台に立った。結果は別としても、内容そのものはファンにとって退屈なレースだったかもしれない。

 もし可夢偉がトラブルなく走っていれば、中団から上位へと、ファンを沸かせる快走を見せていたかもしれない。

「タイヤを換えて内圧も調整して、マシンのペースはバッチリでした。ピットストップでジェームス(・ロシター)の前でコースに戻って、そこから追い上げてコース上で何台か抜いてたと思いますよ。ホンダは速かったけど、うまくやれば"食える"予感はしました。他のバトルがどうやったかはわからへんけど、少なくとも僕はそのポテンシャルは感じました。予選ではまだセルモのほうが頭ひとつ抜け出してるかなっていう感じやけど、レースではたぶんトヨタ勢で一番速かったんじゃないかな」

 チームのピット作業ミスが僚友のナレイン・カーティケヤン車にも起きたこともあり、レース後のピットガレージ裏では張り詰めた雰囲気のなかで緊急ミーティングが行なわれた。

 これがレース。可夢偉は言う。

「もちろん、わざとやったわけじゃないし、チーム一丸となって改善していくしかないんです。素人の集まりでやってるレースではないから、チームワークからクルマまですべてをきちんと組み立てていかないと勝てないんですよ。僕らはクルマだけじゃなくて、チームも立て直さんとアカンから......」

 鈴鹿でスーパーフォーミュラの週末を戦った可夢偉には、F1で表彰台争いをしていたころのような張り詰めた空気が漂っていた。不機嫌にもなれば、人を寄せつけないオーラを放つときもある。ヘルメットの奥に光る鋭い眼光――。それは、可夢偉が勝利を争い、本気で戦っている証だ。

「もう1回、出直してきます。でもね、『次が本当の開幕やと思って』なんていうのは一番アカンのですよ。それは、次のレースまでツラい気持ちで過ごすことから逃げてるだけやから。次までの1ヶ月の間、きちんと自分と向き合って戦わないといけないんです。僕は逃げませんよ」

 撤収作業の進むピットガレージで、可夢偉はあえて大きな声で言った。ともに戦い、ともに苦しみから逃げずに向き合わなければならないチームの面々にも聞こえるように......。

 参戦初年度の苦しみを糧(かて)にして、2年目の可夢偉とチーム・ルマンは確実に進歩している。待望の勝利を手に入れるまで、越えるべきハードルはもうあとわずかでしかない。

 次の岡山では、煮えたぎるような熱い思いをコース上の走りで存分に魅せてくれることだろう。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki