見た目に美しく、使って楽しい高級デスクライト「Fade Task Lamp」

写真拡大

位置や角度、明るさ、色温度をスムーズに自分好みにカスタマイズできる照明「Fade Task Lamp」。このデスクライトを製作したBOX CLEVERのこだわりが、そのデザインの細部に表れている。商品レヴューシリーズ「WIRED & TIRED」。今回は、『WIRED』US版のエディターがリポートする。

「見た目に美しく、使って楽しい高級デスクライト「Fade Task Lamp」」の写真・リンク付きの記事はこちら

Fade Task Lamp」をつくったサンフランシスコのデザインファーム、BOX CLEVERは、細部のデザインに対して強いこだわりをもっている。

一見ごく普通のデスクライトのようだが、本体の切り抜き模様からパッケージのフォントまで、何もかもが念入りに選び抜かれている。照明ひとつに、なぜこれほどの手間暇をかけたのか。おそらくそれは、このFade Task Lampが単なる照明以上の、実用的な家具だからだろう。

これは楽しく使える照明だ。先端のLEDアレイはアームの部分と関節のようなパーツでつながっており、簡単に折り曲げることができる。分厚いリボン状の金属パーツが、照明の構造を支える骨格だ。柔軟性に富んでいるので、少しの力でスムーズに折り曲がり具合を変えられるようになっている。お気に入りのポジションが見つかったら、アームの内部に隠れている磁石によって、位置を固定できる。

台座部分のコントロールスイッチで照明の明るさを調節できるほか、スライドスイッチで光の色合いも調整できる。もちろん、これほど細部とクオリティにこだわった照明なので、それ相応に高価だ。

RELATED

WIRED

とにかく美しい。「Fade Task Lamp」のデザインは極めてシンプルで実用的だ。それがかえって、この照明のさまざまな特徴を際立たせている。

台座のスライドスイッチは指一本で操作でき、光の色温度を暖色から寒色に変え、明るさも調整できる。固いつまみをつかんで回すのに比べれば、これははるかに簡単で楽しい。まじめな話、大きな円の中の小さな円を動かすのは楽しくないかもしれないが、それによって部屋の光が変わる様子を眺めるのはクセになる。

アームの動きはまさに自由自在。どこに置いても、好きな位置や角度に照明を調整できる。また、机の上に置いて邪魔になるほど大きくはないが、まっすぐ上に伸ばせば床置きで使えるので、それほど小さいわけでもない。

台座部分にはUSBポートがついているので、携帯電話も充電できる。これはいい。

TIRED

家の一角を照らすライトにしては、250ドルは高い。前述した通り、まっすぐ上に伸ばせば床置きの照明としても使えそうだが、その場合は色温度や明暗を調整するコントローラーが台座にあってはどうにも具合が悪い。

このライトの問題点はただひとつ、その値段だ。とはいえ、最高のデスクのお供のためなら少しくらい足が出てもかまわないと考える人であれば、よろこんでお金を出すだろう。

評価

8/10:何にだって高級版はあるのだから、照明にだってあっていいだろう。それで言うなら、これがそのライト。絶対気に入るはずだ。