シャカ獲得を狙うアーセナルがカンテにも触手

写真拡大

▽今夏の移籍市場でボルシアMGのスイス代表MFグラニト・シャカ(23)獲得を目指すアーセナルが、さらなる中盤の補強を目指しているようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。

▽かねてからG・シャカへの興味が報じられてきたアーセナル。イギリス『デーリー・メール』は先日、クラブ間合意に達したとし、ドイツの移籍市場開幕日となる7月1日までに正式発表されると報じた。

▽意中の選手を獲得したアーセナルだが、今度はレスター・シティの躍進を支える“新時代のマケレレ”ことフランス代表MFエンゴロ・カンテ(24)も獲得しようと動いているようだ。

▽『ザ・サン』は以前、「カンテのことは知っている。今季の活躍には驚いてない。彼のプレーを見に行ったこともある。こんなに早くイングランドに来るとは思わなかった」と、ヴェンゲル監督のコメントを伝えていた。

▽今回の『ザ・サン』の報道によると、アーセナルは今夏にスペイン人MFミケル・アルテタ(33)と元フランス代表MFマテュー・フラミニ(31)の退団が濃厚のようだ。そのためアーセナルは、G・シャカだけではなくカンテも引き入れたいと考えているという。

▽なお、イギリス『デイリー・メール』はカンテとレスターの間には2000万ポンド(約31億円)の解除条項があると報道。さらに同選手に対してはアーセナルの他にチェルシー、トッテナムなどプレミアリーグのライバルたちに加え、豊富な資金を有するパリ・サンジェルマンも興味を示しているようだ。