人間に捨てられた犬たちが少しずつ心を開いていく姿に涙……動物保護には根気と愛情が不可欠だということがわかる動画

写真拡大

飼い主による怠慢や虐待のせいで危機に陥ってしまった動物たちを助けるべく設立された保護団体「Hope for Paws」。この団体を運営するオードリー・ハガー(Audrey Hagar)さん&エルダッド・ハガー(Eldad Hagar)さん夫妻は、 過去8年間の間に何百もの動物を世話してきました。

彼らが新たに保護したのは、大きなメスの犬と、小さなメスの犬。この犬たちは母娘で、大きなメス犬は飼い主に捨てられた後に子犬を妊娠、ゴミ箱の中、たった1匹で子育てをしていたようなのです。

その2匹の犬たちが保護されるまでの一部始終をとらえた映像が、YouTube に投稿されていました。

【警戒心むき出しの母犬】

動画をみると、居心地がいいようゴミ箱が設置されていることから、おそらく何者かが犬小屋として使えるよう整えたということが推測できます。「それならば人に慣れているのでは?」と思ったのも束の間、ハガー夫妻が近付いただけで、母犬は「ううう」と唸り声をあげ警戒心をあらわに。

【子供を守るために必死だったよう】

実は母犬、残された子犬以外にも子犬を産んでいたのだそうで、その子たちはすべて、近所の子供たちにとられてしまったとのこと。だからきっと「この子だけは守らねば」という思いが強く、それゆえにこのような行動に出たのでしょう。

【ゆっくり優しく、距離を縮めていくと……】

そんな母犬を急かすことなく、「大丈夫、大丈夫」と話かけ続けるハガー夫妻。無理やりどうこうしようとは決してせずに、食べ物を与え、徐々にその距離を詰め、ついには体を撫でることに成功。

どうやら母犬は、彼らに心を開いてくれたようです。もちろん子犬のほうも、ね。

【施設に無事保護されました】

こうして Hope for Paws 保護下に置かれた母娘にはそれぞれ、ゾーイ(Zoe)、メドウ(Meadow)と名付けられて、今は施設で幸せに暮らしているようです。

保護された動物は家族同然に大切に育てられ、やがて2匹を引き取りたいという人のもとへと巣立っていくのだそうで、きっといつか新たな家族ができるはず。

【活動の様子を動画でチェック】

Hope for Paws は、危機的状況にある動物たちの保護活動に、日々取り組んでいるとのことです。根気と本気の愛情が無ければ決してできない活動の様子は、YouTube に多数公開されています。興味を持たれたかたは、ぜひご覧になってみてください。

参照元:Hope For Paws [YouTube、公式サイト]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る