写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Pivotalと米VMwareは4月26日(現地時間)、クラウドプラットフォーム「Pivotal Cloud Foundry」とクラウドネイティブインフラ「VMware Photon Platform」を組み合わせた企業向けのクラウドネイティブスタックを発表した。提供開始時期は2016年第2四半期(4〜6月)の予定で、価格は提供開始時に公表する。

新製品は両社の製品を単一のソリューションに統合し、ビルトインのアプリケーションとインフラ管理を通じて、企業のアプリケーションの開発と導入を加速させるという。企業がクラウド・ネイティブ・アプリケーションをオンプレミスで迅速に展開・稼働するための方法を提供する

新製品により、開発者はスタートアップ企業のようなスピード感でソリューションを開発が可能になるほか、IT管理者はGUIを活用してソフトウェアを効率よく運用可能になるとしている。

パッケージング/インストール/管理方法は、統合により購入とカスタマーサポートがシンプルになるため、企業向けの信頼性を備え、クラウド上で利用可能なソリューションを迅速に導入し、容易に管理することができる。

(山本善之介)