写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは28日、サブスクリプション型の音楽配信サービス「Google Play Music」において、新しいサービス&料金プランとなる「ファミリープラン」の提供を開始した。価格は月額1,480円(税込)で、契約者本人とその家族5人まで(計6人)が、Google Play Musicを利用できる。

日本でのGoogle Playは2015年9月4日に発表され、Android/iOS搭載のスマートフォンやタブレット、およびPCから、3,500万曲以上の楽曲を無制限で再生可能というサービスだ。月額料金は980円(税込)。

今回のGoogle Play Musicのファミリープランは、2015年12月に米国などでスタートしている。当時、日本向けは「すぐ」とされていたが、このたび正式にサービスインすることとなった。一人の契約者が月額980円と考えると、二人の家族がGoogle Play Musicを利用しているなら、月額1,480円のファミリープランにしたほうが安い。「好みの曲」などは利用者の間で共有されないため、各人ごとに異なるおすすめ曲が表示される。