新経済連盟 代表理事 三木谷 浩史氏

写真拡大 (全3枚)

一般社団法人「新経済連盟」は2016年4月7日から8日の2日間、都内 ホテルニューオータニにおいて「新経済サミット2016」を開催した。

新経済サミットは2013年の初開催以来、世界の新経済・新産業を牽引する数多くのアントレプレナー、イノベーターが一堂に会し、時代の潮流を先取りする議論を交わしてきた。

今年はITを中心に「シェアリングエコノミー」「フィランソロピー」「FinTech」「ドローン」「EdTech」といった分野をテーマとし、パネルディスカッションを行った。

■時代の最先端を感じた2日間
少子高齢化等の構造的問題を抱える日本が将来にわたり国際競争に勝ち抜き、更なる経済成長を続けていくためには、IT(情報通信技術)のさらなる戦略的な利活用を軸とした新産業を推進、発展させていくことが不可欠だ。この発展を支える政策や諸制度の環境整備は、日本にとって喫緊の課題となっている。

新経済連盟は、この環境整備に貢献するために、民間の立場から政策提言を行い、また会員への情報提供や会員相互の交流を推進するための経済団体だ。

この目的を達成するにあたり、同団体は「イノベーション(創造と革新)」「グローバリゼーション(国際的競争力の強化)」「アントレプレナーシップ(起業家精神)」の促進を中心的な旗印として掲げている。

また、未来の社会経済に対して責任のある団体として現在の改革の痛みにひるむことなく、未来の技術やサービスを開拓する企業からなる団体として、現在の技術やサービスの限界に縛られず、来たるべき未来の社会経済の姿を構想し提示していくとしている。

これら同団体のミッションを一言であらわしたのが「Hello, Future!」であり、このミッションを体現するイベントが、「新経済サミット(NEST)」というわけだ。

エストニア共和国 首相 ターヴィ・ロイヴァス氏

今回は、エストニア共和国 首相 ターヴィ・ロイヴァス氏による基調講演をはじめ、シリコンバレーで日本人の若手起業家として注目を集めるAnyPerk CEO兼共同創業者 福山太郎氏、女性向けにプログラミングを学ぶコミュニティを世界各地に拡大させたRails Girls共同設立者 リンダ・リウカス氏など、世界的に活躍する企業経営者や起業家を中心としたゲストスピーカーたちが、講演やパネルディスカッションを行った。

さらに、昨年より開催している ピッチイベントを「NEST STARTUP CHALLENGE」と称し、世界に通用する日本のスタートアップが集結した。審査員には、「Androidの父」といわれ、現在はスタートアップ向けインキュベーターを設立した Playground Global 創業者兼CEO アンディ・ルービン氏をはじめ、世界中のアントレプレナーが参加した。

ピッチイベント「NEST STARTUP CHALLENGE」の様子

「新経済サミット2016」はわずか2日間という短い開催だったが、時代の最先端を感じるよい機会となった。

■新経済連盟

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・グリーとLINEがゲーム事業においてマーケティングパートナーに
・主催企業スペースマーケット重松社長が語る「2016年スタートアップ合同法要会」
・新しい未来の創造を祈願!「スタートアップ合同法要会2016 supported by SMBC日興証券株式会社」体験レポ
・各国大使も来訪!2016年新経済連盟 新年会レポート
・予測型見守りシステム「ネオスケア」が介護を変える!ノーリツ鋼機グループ代表西本氏が今後の展開を語る