朝起きて、口の中がネバネバしているという経験をしたことがある方は多いかと思います。そのため、朝起床したら最初に水を飲むという方は、要注意です!

なぜかと言うと、この粘つきは、食べたり飲んだりしない寝ている間に口の中で増えていった細菌たちが原因……。つまり、“朝うがい”をしないで水を飲んだり食べ物を食べたりしてしまうと、体内に細菌を入れてしまうことになるのです。

そこで今回は、健康にも美容にも効果的な“うがい美容”についてお話しします。

■歯みがき後にできる!“ほうれい線予防”うがい

歯を磨いた後、水で口の中をゆすぎますよね。その時にできる、ながら美容法をご紹介します。

(1)左右の頬に、片方ずつ、水と空気をためて10秒間、勢いよくすすぐ。

(2)上下の唇と歯茎の間に、水と空気をためて10秒間、勢いよくすすぐ。

これを、上下左右3セットを目標に行ってみてください。

■中級者におすすめ!“オイルプリング”とは?

上記の水うがいに慣れてきたら、“オイルうがい”こと“オイルプリング”がオススメです。

“オイルプリング”とは、インド伝統医学の“アーユルヴェーダ”と呼ばれる健康法で、ごま油特有の香ばしい風味のない“太白油(たいはくゆ)”と呼ばれる、白く透明なごま油を使用して、口をゆすぐことです。

しかし近年、ごま油ではなく、ココナッツオイルで行うことが注目されていました。ココナッツオイルを使ったオイルプリングのやり方は、『美レンジャー』の過去記事「えっ…寝起きにアレでうがい?歯の黄ばみも除去“オイルプリング”」でも、詳しくご紹介しています。

(1)カレースプーン1〜2杯分を口に含む。

(2)口腔内でくちゅくちゅうがいをする。

(3)時間がキーポイント! 20分間行う。

(4)絶対に飲み込まずに、ビニール袋などに吐きだす。

(5)お湯でうがいをして仕上げ。

■“オイルプリング”の健康美容効果3つ

オイルプリングには、嬉しい健康・美容効果がいくつかあります。

(1)口臭予防効果

口の中には、虫歯や歯周病の原因菌など、300種類以上の細菌がいると言われています。オイルプリングをすると、オイルが細菌たちを吸着してくれるので、口臭対策にも効果的です。

(2)歯のホワイトニング効果

ココナッツオイルには、ステインを落としてくれるホワイトニング効果があると言われています。なので、オイルプリングをしばらく続けると、歯がツルツルピカピカになり、歯茎も引き締まっていきます。

(3)小顔効果

オイルプリングは口の中をたくさん動かすので、小顔効果が期待できます。表情筋が鍛えられることで、ほうれい線が薄くなったり、血行が良くなってお肌にハリや艶も出てきます。

最初は20分間できなくでも大丈夫です。徐々に時間を増やして、慣れていってみてくださいね。