いよいよゴールデンウィーク直前。大型連休を前に、今からワクワクしているという方も多いことでしょう。とはいえ、旅先やアウトドアで飲み食べを満喫しすぎると、体重は右肩上がりになってしまう危険が……。

薄着の季節、どんなに休みを楽しんでも、しっかり体型キープは心がけたいものです。そこで今回は、ダイエットインストラクターの筆者が連休太りを防止するテクニックをご紹介します。

■1:連休の最終日に楽しみな予定を入れる

お気に入りの少しタイトな服を着てのデートや、ドレスアップして楽しむ女子会など、連休の最終日におしゃれをして出かける楽しみなイベントを入れておきましょう。

最終日に楽しみなイベントがあることで体型が気になり、連休中に食べ過ぎてしまう日があっても、最終日に向けて体重を調整する意識が働くはず。大事な予定を作ることで連休明けも体型をキープすることができるでしょう。

■2:ながら食べに注意

連休はDVDを見たり、読書をしたり自宅でゆったり過ごすという方も少なくないはず。そんな時に気をつけたいのが、ついついやってしまうおやつなどの“ながら食べ”。ながら食べをすると「食べた」という満足感が得られにくく、口にした量の把握がしづらいのです。そのため、カロリーオーバーにつながりやすいことも……。

テレビを見ながら、本を読みながらなどの“ながら食べ”には注意しましょう。

■3:食べた量を把握

旅先での食事やバーベキューなど、非日常的な食事の楽しみ方もできる大型連休。楽しく食事をするのは心の栄養のためにも大切ですが、非日常の空間、イベント等でついつい量を食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

周りが食べているからとなんとなく食べたり、勧めらた物をどんどん口にしているとカロリーオーバーにつながってしまいます。なるべく、自分が本当に食べたいものだけをいただくようにするのが体型キープのためには大事です。断るのが難しい場合は、必ず翌日の食事などで調整するようにしましょう。

いかがでしたか? 今年こそは連休明けも、すっきりボディで迎えましょう。

【関連記事】

【−10kg痩せた】昨日食べ過ぎた!「体が重い日」の速攻リセット法