高いコスパで高音質を

写真拡大

各種音響機器などを手がけるヒビノインターサウンド(東京都港区)は、中国のiBasso Audio(アイバッソ・オーディオ)製デジタル・オーディオプレーヤー「DX80」を、「eイヤホン」「フジヤエービック」で2016年4月29日に発売する。

薄型で手に馴染みやすいコンパクトサイズの筐体に、左右個別に駆動するDAC(デジタル・アナログ変換回路)、シリコンベースの「MEMS(微小電子機械システム)発振器」を2基搭載するなど、細部までこだわった内部パーツを凝縮。CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源に対応し、DSD 5.6MHzのネイティブ(直接)再生も可能だ。

3.2型(480×800ドット)IPSタッチパネルディスプレイと、3つの物理スイッチを装備し、手元の見えない場所でも再生や一時停止、曲送り/曲戻しなどの操作が可能だ。micro SDHC/SDXCカードスロット×2基を備え、大容量に対応する。

容量3600mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、約8時間の充電で約13時間の長時間再生を実現。USB、エイジング、コアキシャルの各ケーブル、シリコンケース、液晶保護フィルム×2枚が付属する。

価格はオープン。