DIYしたくなる。「愛着」に「機能」をもたらすドアの活用術

写真拡大

「機能」と「愛着」。住空間作りに求められる2つの要素。

家で使い慣れた「古いもの」にこれまで抱いてきた愛着を、機能面でも使いやすくして、これまでにない魅力を生み出すことができれば、家作りの選択肢はもっともっと広がります。

160426doorail02

そんなコンセプトで住宅や店舗を設計・施工している株式会社ルーヴィス(ROOVICE)の「アウトセットドアレール」シリーズは、使いなれたドアを蘇らせる魅力的なリノベーション・ツールなんです。

160426doorail01

古い家でこれまで使ってきたドア。

部屋の開口部の上部にレールを取り付け、ハンガーをドアの上部に設置して、滑車をレールに乗せて吊り込めば……新しいスライドドアになるという仕様。

DIY好きなら、自分でもできそうな手軽さもグッドです。

昔の建物に使われていた引き戸や、自分で手作りしたドアを、簡単に取り付けられるのがいいですね。

160426doorail04
160426doorail05

ハンガー部分のデザインも豊富です。

レトロ感の高い「ハンマード」や、

160426doorail06
160426doorail07

頑丈なメタル感がユニークで、重厚感が漂う「ブーツストラップ」、

160426doorail03

個性的なフォルムの「トライアングル」と、ドアの雰囲気や好みに合わせて選べるラインナップが嬉しい!

160426doorail08
160426doorail09

他の部屋との接点でもある「ドア」は、部屋のインテリアにも大きな印象を与えてくれます。住空間作りでこだわりたい部分のひとつかもしれません。

「古いものに一定の価値を見いだし、活かせるものを活かしながら改修し、既存空間よりも“より良くする”」というリノベーションコンセプトにぴったりの、魅力的なアイテムのですね。



[ROOVICE]