画像

写真拡大 (全2枚)

 リンクシェア・ジャパンは、3Dバナー表示に関する技術を持つシーセンスと連携し、リンクシェア・ジャパンのディスプレイ広告配信サービス「MediaForge」において「3D広告」の配信を4月27日より開始した。

 楽天グループのリンクシェア・ジャパンは、広告配信サービスを提供するシーセンスと連携し、リンクシェア・ジャパンのディスプレイ広告配信サービス「MediaForge(メディアフォージ)」において「3D広告」の配信を4月27日より開始した。

 「3D広告」は、ウェブサイト上でユーザーが動かすスクロールバーの動きに合わせて商品などが立体的に表示されるため、インパクトあるデザインでの広告配信が可能になる。

 同広告の提供開始に先立ち、アシックスジャパンでサービス利用テストを行ったところ、通常の静止画広告を配信した場合と比べて、3D広告のCTRは1.6倍となる結果が出ている。

MarkeZine編集部[著]