新たなフィッシング詐欺、発生中

写真拡大

ユーザーIDなどのアカウント情報やクレジットカード番号などの個人情報を盗もうとする「フィッシング詐欺」。いまiPhoneユーザーを狙った新たなフィッシング詐欺が現れたそうです。この詐欺に引っかかってしまうと、Apple IDが盗まれてしまいますので注意してください。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ フィッシング詐欺の手口

iPhoneにまず、SMSでメッセージが届くところから始まります。そのメッセージには、「Apple IDの期限が今日中に切れるので、その前にアカウント情報を入力してください」というようなことが書かれています。メッセージの終わりは「Apple Support」とあるため信じてしまいますが、絶対にURLをタップしないでください。

※ ちなみに、SMSとはショートメッセージサービス(Short Message Service)のことで、アドレスではなく電話番号に送信するメッセージです。iPhoneはiMessageというアプリに届きます。

■ Apple IDが盗まれるとどうなる?

Apple IDは、App StoreやiTunes Store、iCloud、iMessageなどのアクセスに必要なアカウントです。また、Apple IDには連絡先や支払情報、セキュリティ情報も含まれています。そのため、Apple IDが他人に知られてしまうと登録している個人情報が全て知られてしまうのです。さらに、連絡先も知られてしまうので盗まれた本人以外も被害にあう危険性があります。

■ 有効な対策

一番有効な対策は無視することです。メッセージに書かれたURLをタップし、アカウント情報を入力してしまうとApple IDが相手に渡り悪用されてしまいます。

◎ URLを確認する

無視する以外の対策として、URLを確認するとよいでしょう。Apple IDの管理ページの正しいURLは「https://appleid.apple.com」です。しかし、メッセージ内のURLは「https://appleidlogin.co.uk」となっています。URLには「appleid」「login」とあるため騙されそうになりますが、タップする前には必ず確認してください。また、短縮URLが使われていて本当のURLが分からないときがあります。そういうときは短縮されたURLを元に戻すWebサービスがあるので利用しましょう。

■ もしAppleIDを盗まれてしまったら…

どれだけ注意してても、うっかりApple IDを知られてしまったということもあると思います。そういうときは、Appleのサポートページに行きましょう。盗まれてしまったときの対応が詳細に書かれています。

◎ サインインできるか試す

まず現在使っているApple IDでサインインできるか試してください。サインインできない、アカウントがロックされている場合は、iforgot.apple.comにアクセスし、アカウントのリセットまたはロック解除を行います。それでもサインインできない場合は、iPhoneのAppleサポートに問い合わせてください。

◎ Apple IDのパスワードを変更する

サインインできた場合、Apple IDのパスワードを変更してください。変更方法は、アカウントページの「セキュリティ」から「パスワードを変更」をクリックします。続いて、新しいパスワードを入力したら完了です。サインインできなかった場合は、登録したメールアドレスやパスワードを全てリセットし、Apple IDを新しく登録しましょう。

◎ Apple IDで使って利用しているサービスは変更後のIDにする

Apple IDをリセットし、メールアドレスやパスワードを変更したときは、変更後のメールアドレス、パスワードで利用するようにしてください。

■ アカウントは大切に!他人には教えない

フィッシング詐欺対策はもちろんのこと、普段からApple IDをはじめ、個人アカウントのIDやパスワードは他人に知られないようにセキュリティを強化することが大切です。友達や家族であってもアカウント情報を教えることはなるべく控えましょう。

(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)