26日、中国のインターネット掲示板にこのほど、日本を訪れた際に目にした光景に驚いたという報告が書き込まれた。資料写真。

写真拡大

2016年4月26日、中国のインターネット掲示板にこのほど、日本を訪れた際に目にした光景に驚いたという報告が書き込まれた。

1年半ほど前に日本を訪れたというネットユーザーによると、当時、乗っていたバスが突然、故障で停車してしまったという。場所は住宅街で車線が狭かったため、バスの後ろには渋滞ができたが、後続車両のドライバーたちはクラクションを鳴らすことはなかった。それどころか、車から降りてきて一緒にバスを押してくれたという。この間、混乱は一切なかったそうだ。

だが、「一番驚いたのはこの後だった」という。バスはすぐに動く状態になったが、運転手はすぐに発進させることなく、路肩に止めたままの状態で外に出て、手伝ってくれた人一人ひとりに丁寧にお辞儀をして見送ってからバスに戻ったという。ネットユーザーは、「当時は言葉では表せないくらい驚いた。日本に追いつくにはまだ時間がかかると感じた」と感想をつづっている。

この報告に、中国のネットユーザーからは、「感動した」「鳥肌が立ったよ」「中国なら(後続車から)クラクションの嵐だろう」「私たちが日本人よりも欠けているのは心配りだったんだ」「中国人の道徳心は退化している」「態度が良いと確かに感動しちゃう。でも、感謝や謝罪の言葉だけじゃない。中国なら運転手がみんなにたばこを1本ずつ渡してるだろうし、それも悪くないよ」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)