マツダは、独自の水性塗装技術「アクアテック塗装」を、中国・南京市にある同社の中国での生産拠点「長安マツダ汽車有限公司」(以下、CMA)に導入したと発表しました。

1

この塗装技術を導入した工場は、2012年に導入が完了した日本の宇品第1工場に続いて2拠点目で、初のグルーバル展開となります。

マツダの菖蒲田 清孝専務執行役員は「高品質なクルマづくりと環境負荷軽減の両立は、自動車メーカーとしての責務です。世界中で高い評価をいただいている『魂動デザイン』を支えるマツダの塗装技術は、その象徴でもあります」とコメントしています。

自動車の塗装工程では、シンナーなどの揮発性有機化合物(以下、VOC)を減らすことが課題でした。

VOC対策としては、水性塗料への材料置換などが一般的ですが、水性塗装は水分を蒸発させるために多くのエネルギーが必要であり、CO2排出量が増加します。マツダでは、CO2対策技術として、スリー・ウエット・オン塗装を開発しました。

「アクアテック塗装」は、塗料やエネルギーなどの資源効率を飛躍的に向上させ、トレードオフの関係にあるVOC排出量とCO2排出量の同時削減するようにスリー・ウエット・オン塗装を更に進化させた水性塗装システムです。

同社は2012年に宇品第1工場への「アクアテック塗装」の導入を完了し、今回のCMAへの「アクアテック塗装」導入にあたっては、現地での設備工事と塗料開発を必要最小限にとどめるなど、効率的な導入に腐心したということです。

CMAでは「ソウルレッドプレミアムメタリック」などの高意匠カラーを含めた全カラーで、国内工場と同等の塗装品質を実現しています。

(山内 博・画像:マツダ)

マツダが独自の水性塗装技術「アクアテック塗装」を中国「長安マツダ汽車有限公司」へ導入(http://clicccar.com/2016/04/28/368571/)