26日、中国では最近、遊休資本が鋼材、鉄鉱石、綿花、卵、ニンニクなどの市場に流入し、バルク品の価格が急騰している。写真は鉄鉱石。

写真拡大

2016年4月26日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国では最近、遊休資本が鋼材、鉄鉱石、綿花、卵、ニンニクなどの市場に流入し、バルク品の価格が急騰している。

複数の経済指標によると、世界最大のバルク品消費国である中国で信用貸付が激増。鋼材市場などには今後需求バランスが改善することで、価格上昇の余地があるとの見方が広がっている。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、中国はこれらのバルク品市場での投機的な動きを警戒。価格上昇を抑制する措置を取っている。バルク品はここ数週、かなりの規模で取引が展開しており、価格を押し上げている。

市場関係者の間には中国でのバブル発生、崩壊の懸念も広がっている。中国は現在、世界最大のバルク品取引国に成長。世界全体で取引される量の半分は中国国内で行われているという。(翻訳・編集/大宮)