27日、韓国メディアによると、米国のオバマ大統領が「北朝鮮を武力で破壊することは可能だが、韓国などの同盟国を守ることを最優先に考えなければならない」と明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月27日、韓国・ニューシスによると、米国のオバマ大統領が「武力で北朝鮮を破壊することは可能だが、韓国などの同盟国を守ることを最優先に考えなければならない」と明らかにした。

オバマ大統領は26日(現地時間)、CBSテレビのインタビューで、「北朝鮮はとても気まぐれで、指導者の金正恩(キム・ジョンウン)はあまりに無責任」と批判した。さらに、北朝鮮政権を「厳しい挑戦」とし、「我々は武力で北朝鮮を破壊できる。しかし、それによる人命被害とは別に、北朝鮮のすぐ横には友邦国の韓国がある。我々の最優先課題は米国民と北朝鮮に挑発されやすい韓国、日本などの同盟国を守ることだ」と強調した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「韓国政府が対北朝鮮政策に失敗したという証拠。こんなにも簡単に戦争の話が出るなんて!」
「本当は“米国の利益”が最優先でしょ?」

「南北問題を韓国自らの手で解決できない現実が悲しい」
「戦争するなら米国の土地でしてほしい」
「“武力で破壊できるが、韓国で金を稼ぐことが最優先”と聞こえる」

「平和統一など待っていられない。武力破壊に賛成だ。北朝鮮の勢いがこれ以上増したらどうする?国防費が増え続けて市民はどんどん苦しくなる。未来に希望のない韓国国民は戦争など怖くない!」
「本当は北朝鮮の核が怖くて攻撃できないのでは?」(翻訳・編集/堂本)