柳楽優弥がDQの魔剣士ピサロに、“りゅうおう”北大路欣也とCM共演。

写真拡大

俳優の北大路欣也(73歳)と柳楽優弥(26歳)が、スクウェア・エニックスのスマートフォン向けRPG「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」の新CMに出演。4月28日より全国で順次放映開始する。

今回のCMは、前CMでも迫力ある演技で話題をさらった北大路扮する“りゅうおう”と、今回がコスプレ撮影初挑戦となる柳楽扮する“魔剣士ピサロ”による前篇・後篇。気迫のこもった北大路の圧倒的演技、そして殺気溢れる剣さばき、美形キャラとして名高い魔剣士ピサロに変身した柳楽のコスプレ姿など、見どころ満載のCMに仕上がっている。

撮影スタジオには、威厳あるりゅうおうの姿で入った北大路。その圧倒的な存在感でスタッフに緊張が走るも、時には冗談を飛ばすなど、りゅうおうの仮面の下に素顔の優しさを覗かせていた。北大路にとっては3度目となるりゅうおうシリーズCMの撮影ということもあり、撮影は順調にスタート。

一方、自らの“魔剣士ピサロ”のコスプレにわくわくした様子で登場した柳楽。カメラが回っていない間も剣をしげしげと眺めたり、素振りをしたりと、魔剣士ピサロ姿がかなり気にいっていたようだ。

いざ撮影が始まると、2人による息の合った迫真の演技に、スタジオ内にいるスタッフも一気に緊張感に包まれた。その演技にはほとんどNGがなく、予定時間よりも大幅に早く撮影は終了。そして、柳楽のシーンが全て終了した後、このCM撮影の2日前に26歳の誕生日を迎えた柳楽へバースデーサプライズが行われた。バースデーケーキが登場すると、スタジオ内の関係者全員でハッピーバースデーを大合唱。予想外の展開に驚きを隠せない柳楽だったが、最後はスライムと一緒に満面の笑みで記念撮影し、CM撮影は終了となった。

今回のCMについて柳楽は「とにかく楽しかったです! まず北大路欣也さんと共演させていただいたことが非常に光栄でした。短い時間でしたが細部まで妥協せず撮影に臨まれる姿に学ぶところは非常に多く、勉強になりましたし、とても興奮しました」とコメント。

ドラゴンクエストには「小学校の頃にすごく流行っていて、友達の家で夢中になってプレイしていましたね。あと、だれよりも早くクリアすべくこっそり攻略本買って読んだりしてました(笑)」と想い出があるそうで、使ってみたい呪文やアイテムは「使ってみたい呪文はあれです! あの一回言った場所に戻れる移動の呪文……(スタッフ「ルーラ?」) そう!! ルーラ!! あれで瞬間移動したいですね。あと使ってみたいアイテムは断然『やくそう』です。ゲーム内だと、洞窟行く前に絶対使ってたんですけど、ここぞっていう仕事前に食べて、疲労回復してフルパワーで仕事に向かいたいです」と語った。

ちなみに、好きなモンスターは「スライムです!! 神出鬼没なのにすごく弱くて憎めないやつですよね」とのこと。

そしてCMの見どころは「まずは僕の剣さばきですね。とにかく監督からもっと早くもっと早くと何度も指示をいただき、早く剣を振り下ろすのに苦労しました。完成CMを見て、どんな仕上がりになっているのか確認するのが楽しみです!そしてあとはやっぱり僕の初のコスプレ姿ですね!衣装やセットの細かいディティールから、迫力ある北大路さんの演技、そして僕の剣さばきなど見どころ満載ですので是非みなさん楽しんでみてください!」とアピールした。