本田のベスポジはトップ下!?ミラン新監督ブロッキの源流を探る

写真拡大

25日のヴェローナ戦でトップ下の役割を与えられた本田圭佑。新監督クリスティアン・ブロッキの元で初先発となった。

これまで、ミランのプリマヴェーラで監督を務めていたブロッキ。トップチームの指揮は初めてとなる40歳は、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長にして「未来のための選択」だという。

ブロッキ監督になってから採用されるフォーメーション、そしてそこに本田圭佑が起用されるか否かに焦点は集まっている。そこには、ブロッキが師とする「チェーザレ・プランデッリとカルロ・アンチェロッティ」の影響があった。詳しく見て行こう。

師匠1 チェーザレ・プランデッリ

プランデッリと言えば、中田英寿がパルマ時代に指導を仰いだこともあり、日本では有名な監督の1人だ。4-2-3-1のイメージが強い読者も多いだろうが、若い時は4-4-2が好きと語っていたほどだった。

勿論、パルマで見せた中田を右サイドに入れる変則的な4-3-3、イタリア代表でバロテッリらを活用した3-5-2など、今いる選手を最大限に生かす柔軟なアプローチができる監督である。

1999-00シーズン エラス・ヴェローナ

ブロッキが初めて注目を浴びたのはエラス・ヴェローナ時代まで遡る。この時の監督は若き日のプランデッリだった。

前半戦で降格ゾーンに沈んだものの、後半戦15試合無敗と息を吹き返し奇跡の一桁順位(9位)でのフィニッシュを決めた。当時の彼らの試合は、ゴールを決めるたびにベンチを含めた全員で喜ぶ姿が印象的だった。

1999-00シーズン ヴェローナ フォーメーション

この時採用されていたのは4-4-2。ゲームメイクはドメニコ・モルフェオ、ないしは左サイドのマルティノ・メリスが行った。

モルフェオ不在時はアダイウトンかミケーレ・コッサートが入って純粋な4-4-2、もしくは中盤にエミリアーノ・サルヴェッティらを1枚補充した4-2-3-1となった。

ブロッキ監督は右サイドでダイナモ的な働きを見せた。

2005-06シーズン フィオレンティーナ

2005年夏、ミランから完全移籍も視野にしてフィオレンティーナへローン移籍したブロッキ。監督は再びプランデッリであった。

31得点をあげ得点王に輝いたルーカ・トーニを軸に4位と躍進し、特にホームでは19試合16勝と圧倒的な強さを誇った。

2005-06シーズン フィオレンティーナ フォーメーション

システムはまたしてもプランデッリが好む4-4-2、ないしは4-2-3-1が採用された。ルイス・ヒメネスやリッカルド・モントリーヴォがトップ下に入るときは彼らがゲームメイクを担当。両サイドのマルティン・ヨルゲンセン、ステファーノ・フィオーレらがアクセントになった。

トーニ以外はカウンターに備え守備的なタスクを強いられることもあり、ファビオ・カペッロはこれを「9人のDF」と表現した。

ミランに当てはめるとどうなる?

MFは比較的運動量ベースの選手が使われることが多い。そのうち、唯一左サイドのみがゲームメイク要素に加え得点力のある選手が起用される。

本田圭佑は、このところ左サイドでのプレーを経験していない。そうなれば、居場所は4-4-2の時の下がり目のFW、もしくは4-2-3-1時のトップ下になるだろう。どちらかと言えば、下がり目のFWはアシスト役もこなすタイプが使われる傾向があり、後者が最適解と言えるだろうか。

好材料としては、プランデッリは前線のメンバーを対戦相手によって、そしてホームかアウェーかによって切り替えるケースが多かったことだ。

ジャコモ・ボナヴェントゥーラの怪我もあるが、ブロッキもその“哲学”を継承したのかケヴィン=プリンス・ボアテング、本田らをトップ下で起用している。チャンスは必ず複数回訪れると考えられる。

師匠2 カルロ・アンチェロッティ

ブロッキがもう1人師匠として影響を受けていると公言しているのがアンチェロッティである。

言うまでもなく世界的な名将として数えられている氏は、セリエA、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ…と数々のタイトルを獲得している。

ミラン 2002-03シーズン

ブロッキは、2001年より2008年までミランで活躍。その途中にはフィオレンティーナへのレンタルがあったものの、アンチェロッティ在任時に多くの時を共に過ごしたこととなる。

そのアンチェロッティがミランで起こした改革と言えば、それまでトップ下の選手だったアンドレア・ピルロを中盤の底に配置しレジスタとして起用したことだ。司令塔役を低い位置に入れることで、敵のプレッシャーから逃れた状態でプレーさせやすくする、という策は大きなムーブメントを呼び起こした。

2002-03シーズン ミラン フォーメーション

フォーメーションは、4-3-2-1ないしは4-3-1-2。

アンドリー・シェフチェンコ、フィリッポ・インザーギが怪我がちで2トップ揃うことは少なく、後に本格化する4-3-2-1(別名「クリスマス・ツリー」)が登場したのもこのシーズンだ。

本来ならトップ下でポジションが被るピルロ、リヴァウド、ルイ・コスタら技術の高い選手を多く同時起用することができた。

ブロッキは12試合の出場である。右のインサイドハーフで主に起用され、ジェンナーロ・ガットゥーゾの控えとしてマッシモ・アンブロジーニらと共に出番を待っていた。

ミラン 2004-05シーズン

2003年にカフーらを補強し、トップ下に推進力のあるカカを置いたことでシステム面に新たなレボリューションが生まれた。

しかし、セリエAで2位、チャンピオンズリーグでもリヴァプールに敗れ準優勝。あと1歩のところで泣いたシーズンになってしまった。

2004-05シーズン ミラン フォーメーション

形は4-3-1-2が基本で、ヨン=ダール・トマソンがスーパーサブ的な役割を担った。ゲームメイク役として上記図のピルロとカカのほか、ルイ・コスタがトップ下と中盤の底でも試された。加えて、3バックを採用する試合もあった。

ブロッキは、ここでも右のインサイドハーフの控え。出場は11試合で、チャンスは多くなかった。

ミランに当てはめるとどうなる?

4-3-1-2、4-3-2-1どちらにしても攻撃的な位置でサイドに開くポジションが存在しない。これは、シニシャ・ミハイロヴィッチ体制で本田が起用されていた右サイドのポジションがないことを示している。

加えて、中盤の選手は基本的に運動量があり、さらに推進力ないしは打開力を備える選手が好まれている。

本田が起用される可能性があるのは、4-3-1-2のトップ下、4-3-2-1の2の部分だろう。

本田の居場所は?

こうしてブロッキが体験した当時のアンチェロッティ、プランデッリのシステムを振り返ると、本田に適したポジションがトップ下であることがわかるだろう。むしろそれしかない、と言うべきかもしれない。

要点を整理してみよう。

・ワイドに開いた前線のポジションはない

・中盤は運動量のある選手が大前提で、よりフィジカルに長けた選手が起用されている

・ゲームにアクセントをつけるのはボランチ、左サイド、ないしは2トップの一人ということが多い

師の教えに従うように、アクセントを作る選手としてはマリオ・バロテッリが、トップ下には得点力もあるボナヴェントゥーラがファーストチョイスと考えられている。

そう考れば、本田にとっては非常に厳しい。しかし、DFラインと比べれば“序列を覆す”ことは難しくないのだ。

アンチェロッティ、プランデッリの2監督は、比較的チームの人数を絞って戦うことが多かった。また、今とは時代が違うもののターンオーバーよりはメンバーを固定する傾向があった。

実際に、ブロッキ監督になってからのDFラインはアレックス、イニャーツィオ・アバーテ、ルーカ・アントネッリ、アレッシオ・ロマニョーリが3試合連続で先発している。

だが、前目のポジションに関しては選手を流動的に選ぶことが多い。実際にジェレミ・メネズ、バロテッリ、ボアテングら今季まだ結果を出せていない者にもチャンスを与えたのだ。

ヴェローナ戦でトップ下でプレーした本田には『Gazzetta dello Sport』から6点と標準点が与えられた。次節本田がベンチに座っていたとしても、残り少ない試合の中でチャンスは再び訪れるだろう。