シンプルに生きたい? Wanna Live Simply Like Me?

写真拡大

There's a rectangular device that M uses frequently. It's called a smartphone. I counted once, and she picked it up almost ten times in one hour.

Pretty much everyday she faces this smartphone thing to me and hits a button. She says, "This way, Leo!" and I always hear a sound going "kssh".

Not really knowing what's going on, I stare at her. Then M shows me the smartphone. Voila, there's an image of me from a few seconds ago looking in this direction. As I try to walk away from her, she says, "Look at you handsome you!"

These things are called "photographs", according to M. People who come and visit my apartment often do the same.

At other times, she'll stare at the smartphone for a very long time. At times like that, she doesn't notice that I'm there. Even when I'm waiting for her with a toy in front of me, she won't look at me.

I often wonder. What's so important about taking a photograph of me?

She also does the same thing to her food before she eats it. Always trying to find the perfect angle or lighting, she'll even move the plates around, or add a flower in it, or even try to get me in the picture. I do as she says, but she doesn't let me eat the food. As M is doing her thing, the food usually just gets colder by the minute.

Then there are times that M faces the smartphone to herself. Usually it's when I'm overjoyed to be in her arms after a long day. All I want to do is to enjoy the cuddling, and rub my face against hers. But again, she tries to get the purrfect photograph.

It seems like just cuddling together is not enough for M. I'm usually exhausted by the time she gets the purrfect shot. I've been wondering why she is so obsessive about her "photographs". Apparently, there are people other than me who are looking at them. And M is often filled with joy, when she gets feedback on the photos.

M is happy when:

1:People like the photograph

2:They say that I'm cute (I can't blame them for that)

Through this, M's "existence" is recognized by the world.

The value of existence. Or acknowledgement. Humans live to get this, and it's what keeps them alive.

It's also what keeps them busy - creating an image of their life to present to the world.

M's life that I see is not at all like the life she captures in her photographs. She does not eat beautiful looking food everyday. I've never seen her take a photograph of herself without that stuff she puts on her face before she goes somewhere.

Yet, she continues to present an image of herself to someone, through photographs. Just the way she wants people to see her. But somehow she seems a little tired.

Would she be less tired, if she didn't have to worry about how she's seen by others?

Cats are pretty simple.

I don't really care if someone likes me or not. My life is all about whom I like. If M dislikes me, of course I'd be sad, but I don't really try too hard to have her like me. I think I'm pretty cool. I just know that.

People often tell me, "Leo, I want to live simply like a cat". But it's not that hard.

You just have to feel okay, about being who you are.

You don't have to take that photograph for approval. You don't have to force a smile to present an image of yourself that's not you.

Let me tell you what I think as a cat. I'm not really interested in what you had for breakfast. Though, I might be interested in what kind of cat you have.

In any case, just be the real you. You're already pretty cool.

***

Mがよく使用している長方形のものがある。Mはそれをスマホと呼んでいる。先日数えてみたら、Mは1時間に軽く10回は手にとっては見つめ、置いていた。

そして毎日のように、Mはそのスマホをぼくに向けて「レオく〜ん」とかいいながらなにかボタンを押す。いつもカシャカシャ音がする。

ぼくはよくわからないままそれをじっと見つめる。するとMはそのスマホとやらをぼくに見せてきて、そこにはなぜか、こっちを見ている僕の姿がある。そしてぼくが去ろうとすると「見て〜!かわいく撮れたねぇ」とかという。

こういうのは「写真」というそうだ。ぼくの家に時々来るMの友人たちも同じ行動をとる。

ときにMは、写真を撮っていないときも、スマホをじーっっと見ている。そういうときはたいがいぼくがいることに気づいていない。たとえぼくがおもちゃを持って、Mの目の前で待っていても、こっちを向かない。

ぼくの写真を撮ることがなぜMにとってこんなに意味があるんだろう、とよく思う。

Mは、食べ物に対しても同じことをしている。常に角度を変えたり、光をあてたりしている。お皿を動かしたり、お花を持ってきたり、ときどきぼくに「写真に入って」とかいう。ぼくは言われたとおりにするのだけど、その料理は食べさせてもらえない。そしてMがそんなことしているうちに、料理は、刻一刻と冷めていく。

Mはスマホを上に掲げて、自分自身に向けるときもある。だいたいぼくが、長い1日のあとに帰ってきたMをだっこしてくれるときだ。ぼくはMのだっこをただ味わって、Mの顔にすりすりしたいだけなのだけど、Mはそれを写真に収めたいみたいだ。何度も何度も撮っては、最高の一枚を探している。

ぼくをだっこするだけでは、Mは物足りないようだ。写真撮影が終わったころにだいたいぼくは疲れている。

なぜこんなにこだわっているのか気になっていた。どうやら、ぼく以外の人がどこかでこの「写真」を見ているようなんだ。そしてMはその写真を人に見てもらうと、よろこびでいっぱいになる。

Mがよろこんでいるのは...

1:写真がいいね、って言われたとき

2:ぼくがかわいいって言われたとき(これはしょうがない)

だ。

こうすることで、彼女は世界に「存在」を気づかれる。

存在する意味。承認。人間はこれを得るために生きて、これによって生かされているようだ。

そして、人間は「自分の人生のイメージ作り」に忙しそうだ。

Mがぼくの家にいるときの姿は、写真のときの姿と全然違う。Mは毎日美しい食べ物を食べていない。彼女が出かけるまえにいつも顔に塗ってるやつなしで、自分の姿を撮影しているところもみたことはない。

でも、いつもMは自分の姿を、写真を通して、誰かに見せている。自分が見られたい姿で。でも、Mはどこかしんどそうだ。

もし、ほかの人にどう見られているかを気にしなければ、きっとそんなに疲れないんじゃないかな。

ねこは、シンプルだ。

ぼくは誰かに好かれようが嫌われようが、わりとどうでもいい。ぼくの基準はぼくが誰を好きかだ。大好きなMがぼくを嫌ったらもちろん悲しいけど、とくにMに好かれるための努力はしていない。

今のぼくは、わりとイケニャンだと思う。それはなんとなく、自分でわかっている。

「レオ、ねこみたいにシンプルに生きたいよ」って、よくぼくは言われる。

でも、それはとても簡単なことだ。

自分が自分であることに、自分でOKを出してあげればいい。

誰かに認められたいから写真を撮るとか。本当の自分じゃない姿を撮るために無理やり笑うとか。そんなことしなくていいよ。

ねこ的には、あなたが朝ごはんになにを食べたかとか、あまり知りたいと思わない。あなたの家の猫にどんな猫がいるかは、ちょっと興味あるけど。

でも、とにかく、あなたらしくいればいい。けっこう、イケてるよ。