出会いは「テレディルドニクス」

写真拡大

遠距離恋愛にある2人を慰めるのは、「テレディルドニクス」(遠隔操作のセックストイ)? あるロボット工学者の「ボーイ・ミーツ・ガール」ストーリー。デジタル時代のセックスのあり方にまつわるいくつかのストーリーを『WIRED』日本版VOL.21より転載。

「出会いは「テレディルドニクス」」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

VOL.21特集「Sex in The Digital Age」より転載

2016年2月10日発売の『WIRED』日本版に掲載した特集から、話題のコンテンツを順次公開! 「セックスとテック」にまつわる7つの“投書”から、オキュラス・リフトがポルノにもたらすものや、セックスのない愛まで。関連記事は、こちらより。

セックスを求めてロボット工学の世界に入ろうと思う者はいない。わたしもそんなつもりはなかったが、妻と出会えたのはロボット、それも「股間が脈動するロボット」のおかげだった。

わたしはカーネギーメロン大学のロボット工学研究所で、博士号の取得を目指していた。わたしは、居住者を感知してそれに適切に反応するような環境の開発に携わっていた。あるプロジェクトでは、年配の居住者たちが生活のなかでどのようにロボットと協力するかを探ったこともあった。

ある晩のホームパーティのあと、数学専攻のポスドクが彼の友人、アンナのことをわたしに話した。アンナはワシントン大学にいる心理学の博士なのだが、自分のプロジェクトを進めるためにロボット工学者、それも新しい技術を開発したことがあるだけでなく、人々がそれを実際に正しく使えるようにする方法まで研究しているロボット工学者を探しているという。

彼女が頭に思い描いているプロダクトとは、リモコン操作できるセックストイで、遠距離の恋人同士を(性的に)つなぐものだった。「Vibester」と命名されたそれは特殊なハードウェアで、インターネットに接続すると2人の大人がリアルタイムに相互に愛撫し合える仕組みだった。

興味深いような、ちょっと怖いような気もしながら、わたしはピッツバーグで彼女に会うことにした。彼女は身長150cmで金髪の、信じられないほどの美人で、鋲のついたブレスレットを身に着け、わたしはあなたより頭がいいのよと言わんばかりの笑みを浮かべていた。彼女の訪問中、わたしたちはセックスと数学についての議論に没頭した。わたしはその組み合わせに違和感を抱かなかったし、彼女も同じだった。お互いに気を許すことができた。

そんなわけで、わたしたちはセックスをした。

その後、Vibesterへのわたしたちの情熱は、そういうジャンルが「テレディルドニクス」と呼ばれていることを知ってげんなりしたために萎えてしまった。そのころ、わたしたちは長距離恋愛をはがゆく思っていたが、その問題は古典的な方法で解決した。わたしが西海岸に引っ越し、彼女と一緒に住むことにしたのだ。

それから何年も過ぎ、学生だったわたしたちは講師になった。いまもどこかに、埃をかぶったR指定のロボットのパーツが1箱分眠っているはずだ。Vibesterは生み出されずに終わったが、わたしたちにはいま2人の子どもがいる。どちらもわたしたちが、直に触れ合ってもうけた子どもだ。

INFORMATION