眠りゆくテクノロジーと無限に広がるオルケストラ:音楽家・和田永「Sound & City」でライヴワークショップ+トークに登場!

写真拡大

音楽でもありメディアアートでもありファッションでもありコミュニティデザインでもある。そんなボーダーレスな活動を続けてきた和田永には、実現したいある夢があるという…。「Sound & City」で4月28・29日にインスタレーションを展示し、29日にライヴとトークを行う和田が考える音楽を通じた「再生」とは?【イヴェントは終了しました】

「眠りゆくテクノロジーと無限に広がるオルケストラ:音楽家・和田永「Sound & City」でライヴワークショップ+トークに登場!」の写真・リンク付きの記事はこちら

和田永のプロフィールには面白いことが書いてある。ひとまずコピペしておこう。

1987年東京生まれ。物心ついた頃に、ブラウン管テレビが埋め込まれた巨大な蟹の足の塔がそびえ立っている場所で、音楽の祭典が待っていると確信する。しかしある時、地球にはそんな場所はないと友人に教えられ、じゃあ自分でつくるしかないと今に至る。大学在籍中よりアーティスト/ミュージシャンとして音楽と美術の間の領域で活動を開始。2009年より古いオープンリール式テープレコーダーを演奏するグループ「Open Reel Ensemble」を結成。Ars ElectronicaやSonarを始め、各国でライブや展示活動を行う他、ISSEY MIYAKEのパリコレクションでは、現在までに6期連続で音楽を担当。2015年より役割を終えた古家電を新たな電子楽器として蘇生させ、合奏する祭典を目指すプロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス」を始動。そんな場所はないと教えてくれた友人に最近偶然再会、まだそんなことやってるのかと驚嘆される。

「Open Reel Ensemble」で音楽/アートファンの注目を集め、以後、多彩な活動を展開してきた和田は、単に「音楽家」と呼ぶには、その枠には収まらない逸脱した存在として知られてきた。しかし「ブラウン管テレビが埋め込まれた巨大な蟹の足の塔がそびえ立っている場所で」行われるはずの「音楽の祭典」に向けた着実な一歩であることを知れば、音楽でもありメディアアートでもありファッションでもありコミュニティデザインでもあるような彼の活動は、おのずと納得のいく軌跡を描いている。

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」で、和田はあらゆる人を­巻き込みながら、徐々に­オーケストラをかたちづくる。

近年本格化し、変幻自在にかたちを変えながら拡張しているプロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」は、その壮大な野心をリアライズするための柱となるものだが、ここで和田は、「ニコス・ラボ」なる組織を立ち上げ、エンジニアやテクノロジストのほかクリエイターやデザイナーなどが協働する、これまでにないやり方でプロジェクトを遂行している。

それは一種のオープンイノヴェイション・プラットフォームであり、新しい「楽器開発」のためのR & Dプロジェクトでもある。アイデアがある人、技術がある人、なんでもいいから手伝いたい人を巻き込みながら、みんなで新しい「博覧会」をつくり上げていくその手法は、単に「音楽」を「音楽」として楽しむだけでなく、その制作過程をも含めて「音楽の楽しみ」とする、ユニークな「アンサンブル」の形式ということができる。

RELATED

新しいタイプの複合型音楽イヴェント「Sound & City」では、この「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」の実演=参加型のライヴワークショップが行われるだけでなく、制作の舞台裏、運営をめぐるマネジメントの実態などをアーティスト本人だけでなく、実制作に携わるVinyl Soyuz, Topping East代表の清宮陵一、また「ニコス・ラボ」の一員でありコンピューテーショナルデザインを専門とする細谷誠らとともに語る。加えて、このセッションには、デザイナーの太刀川瑛弼の参加も予定されている。

また4月28・29日両日、「ボーダーシャツァイザー」なるインスタレーションも設置される。これは、ボーダーシャツのボーダー(白黒のシマシマ)を音に変換する楽器システム。服が音の信号そのもの、そして身体そのものが楽器になるという新しい視点と体験を生み出すインスタレーション。ボーダーシャツを見るだけで 「あれ? そのボーダーシャツ、ラの音じゃない?」、「君と俺のボーダーシャツ、4度のハモリルックじゃん!」といった会話が日常的になり、服そのものが楽器となり、演奏そのものがダンスとなる未来を夢みる「楽器」だ。来場される方は、ぜひボーダーシャツを身につけて訪れて欲しい。

廃棄家電だけでなく、人のつながりや音楽が「再生」される、壮大なる音楽プロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」。和田が、その創設に当たってしたためたポエムを最後に紹介しておこう。

集えや集え 妄想沸きあふるる愉快な人々よ
集えや集え 眠りに落ちゆくテクノロジー達よ

夜明け 微かな呼び声に導かれて 掘り起こし彷徨い
日がな 集い語らい描く そしてあちこちから産声があがる

広場にそびえ立つ電輪塔の灯火が 下から上へと明滅を刻む時
目に見えない電磁波は空へと解き放たれる
月夜はいよいよ深まり 電離層は地球の裏側と繋がる

真夜中 いよいよ祭典は幕をあける

放たれた波達は混ざり合ってはぶつかり合い
受信機を通して泡や卵のような音となって弾けてふりそそぐ

楽団はエレクトロニクスからエレクトロニコスへと変形した楽器を奏でながら
回り踊り 無限に広がるオルケストラを紡いでゆく

これは未だ見ぬ関係性の宇宙を皆で開き見る試みなのである!

やがて エキセントリコスの卵とファンタスティコスの粒々は
記憶の奥底に原風景となって焼きついてゆくだろう・・・

“エレクトロニコス・ファンタスティコス!”

―和田永―


ライヴ・ワークショップ
Ei Wada Electronicos Fantasticos!
廃棄家電を通して、人と音楽とが甦る

時間:4月29日 19:00〜(45分)
場所:カラヤン広場特設ステージ
料金無料終了しました

カンファレンスセッション
和田永が構想する「ニコス・ラボ」とは何か? 参加型ラボの未来図を語る

「古い家電」を「電子制御」することで「楽器」にし、「奏法」を編み出しながら「オーケストラ」をかたちづくっていく「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」。たくさんの人を巻き込みながら、それぞれが自分のやりたいことを実現し、みなが共存することを目指すプログラムとして和田永は「ニコス・ラボ」というプログラムを立ち上げた。家電を提供する人、電子工作が得意な人、演奏がしたい人…関わるメンバーが自主運営していくオープンな「ラボ」。その可能性と未来像を探る。

スピーカー:和田永、清宮陵一(Vinyl Soyuz、Topping East)、細谷誠(日本大学芸術学部准教授)、太刀川瑛弼(Nosigner)
時間:4月29日13:00〜 (80分)
場所:アークヒルズカフェ
料金1日通し券3,500円終了しました

インスタレーション
Border Shirtsizer
みんなボーダーシャツを着て集まれ!

ボーダーシャツに何故われわれが魅了されるのか、その縞模様に何が潜んでいるのかを解き明かすと同時に、服が音の信号そのもの、そして身体そのものが楽器になるという新しい視点と体験を生み出す「ボーダーシャツァイザー」。ボーダーシャツを見るだけで 「あれ? そのボーダーシャツ、ラの音じゃない?」、「君と俺のボーダーシャツ、4度のハモリルックじゃん!」といった会話が日常的になり、服そのものが楽器となり、演奏そのものがダンスとなる未来を夢見る「楽器」だ。ボーダーシャツを着て来場されたし!

INFORMATION

2016/4/28・29開催:「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、2016年4月28(木)〜29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント。イヴェントの内容および当日の盛り上がりをお伝えするレポートについては、こちらより