馬英九総統、「沖ノ鳥は『岩』」  近海で操業の台湾漁船保護強化を指示

写真拡大

(台北 27日 中央社)馬英九総統は27日、沖ノ鳥(島)近海で台湾漁船「東聖吉16号」が日本の海上保安庁に拿捕(だほ)されたのを受け開かれた国家安全会議で、今後周辺海域で操業する台湾漁船の保護を強化するよう指示した。

馬総統は政府の立場として、国連海洋法条約の第121条を根拠に「沖ノ鳥は島ではなく岩だ」と断言。「人が居住して経済活動をするのに適さない」、日本は同海域周辺200カイリ内の排他的経済水域を主張できないなどと述べ、「わが国は漁業関係者が公海上で操業する自由を守る」と語気を強めた。

また、日本が沖ノ鳥を「島」だと主張していることについて「認めない」と不快感を示し、公海上で台湾の漁船を拿捕し担保金を引き出す行為は、同条約が定める操業の自由を侵害するとした。

一方、行政院(内閣)と外交部などに対して「沖ノ鳥礁」と呼称し、厳正な立場で日本側と粘り強く交渉するよう求めた。

(謝佳珍/編集:齊藤啓介)