オス化!? 2割以上の女性が悩む「ヒゲ女子」

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部
監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ)


「●●女子」という言葉を聞くことが増えていますが、「ヒゲ女子」という言葉、聞いたことありますか?

入浴後に化粧水やボディークリームを使い、ムダ毛処理を怠らない「女子力男子」が増えているなか、女性の間のオス化も進んでいるといわれています。

なんでも男性ホルモンの影響を受けて、身体の変化まで見られるそう。彼女たちのなかには、口周りにヒゲが生えてくるヒゲ女子、通称『ヒゲジョ』と呼ばれる人までいます。

男女の境目があいまいになり、女性もバリバリと働いている今の時代。
もしかしたら、ある日鏡を見たら急にヒゲが生えてきた…!なんてこともあるかもしれません。
そこでここでは、女性のヒゲに対する原因と対処法をご紹介します。

 女性の7割が「オス化」を実感!


2013年、4月、株式会社ウエディングパークが20〜50代の女性136人を対象に行った「男女の印象に関する実態調査」によると、自身を「男性っぽい」と思ったことがある女性は60.1%にのぼり、半数以上の女性が自身のオス化を実感していることがわかりました。

さらに細かくみていくと、アルバイトや専業主婦の女性が自身のオス化を感じることがあると回答したのが50.0%なのに対し、フルタイムで働く女性のオス化を感じる割合は70.2%。フルタイムで働く女性のほうが2割も多い結果となりました。
毎日がつがつ働いている女性のほうがオス化を体感しているようです。

 25.6%の女性が「ヒゲ」が気になっている


また、自身の「オス化」を感じる理由を聞いたところ、トップであがったのが「気が強い(87.2%)」次いで「言動が荒い(41.0%)」「ファッションやメイクを気にしなくなった(38.5%)」という結果です。

オス化している理由として性格の変化や言動をあげる女性が多いなかで、4番目にあげられたのが「ヒゲや濃い毛が生えてきた(25.6%)」というもの。

また、2012年4月に貝印株式会社が男女1282名に行った「産毛に関する意識調査」によると、産毛を処理している女性は7割を越えます。

処理する部位は鼻の下(49.5%)がトップ、次いで口のまわり(35.3%)、あご(11.9%)という結果に。

「口周りの産毛が濃くなってきて3日に1回は剃っている」という女性がいることからもわかるように、精神的な部分だけでなく、見た目や身体的な面でも女性が男性に近づいてきていることがわかりますね。

 女性に「ヒゲ」が生える原因と対処法


女性にヒゲが生えるのは、自律神経のバランスが崩れたことによる「女性ホルモンの不足」が原因です。
女性ホルモンが不足すると、女性の身体のなかで少量分泌されている男性ホルモンが優位になり、男性ホルモンの影響を受けてしまいます。

そのため、少しずつ身体が男性に近づき、女性でもヒゲが生えてしまうのです。
ホルモンバランスの崩れを防ぐには、ストレスをためないことが一番!

ヒゲ女子から脱したいのであれば次の3つを心がけましょう。

1:質の良い睡眠をとる

2:栄養のとれた食事バランスを心がける

3:運動をする

長時間労働により睡眠時間が足りていなかったり、食事を抜いてしまったりする人は要注意。また、デスクワーク続きの人も、入浴後や寝る前に軽くストレッチをするなどして日頃の運動不足を解消しましょう。

仕事や生活に追われると、つい美容や健康をおざなりにしてしまいがちです。健康を損ねることのないよう、ヒゲ女子を脱してオス化を食い止めましょう!