4月24日に開催されたクルマの祭典「モーターファンフェスタ in 富士スピードウェイ」。

イベント開始前は、僕個人も体験したことがないぐらいの濃霧が富士スピードウェイを覆っていました。しかし、関係者含め富士スピードウェイを訪れたモーターファンフェスタを楽しんでいる方の熱意でイベント開始時には、天候も回復しました。

そのイベント内で行われた「D1 GRAND PRIX ドリフト頂上決戦」。

今決戦は、世界一のドリフトシリーズ「D1 GRAND PRIX」のトップドライバー12名(うち2名は前日に開催された第2戦の成績上位選手)が登場し、このカテゴリーの醍醐味である「追走」バトルを満喫してもらうスペシャルイベントです。

コースも通常の富士D1コースである300Rからヘアピンにかけて200km/h超のドリフトからの飛び込みプラス、ヘアピンから立ち上がって直ぐに反時計回りに180度ターンし、再び順走でヘアピンをドリフトで駆け抜けていくレイアウトになります。

では、追走バトルをいくつか振り返ってみましょう!

・#9 末永直登 選手 vs #66 藤野秀之 選手

1

まず最初は、800馬力近いRB26DETTエンジンを搭載したオレンジのS15シルビアを駆る末永選手と昨シーズンの初戦お台場でR35GT-Rを駆る川畑選手をあと一歩まで追い詰めた藤野選手の180SXの対戦でした。

2台とも300Rを高速ドリフトしながらヘアピンにアプローチしていきました。そこまでは、いつも通りなのですが、その後の180度ターンがやはり鬼門となりました。

末永選手、藤野選手ともに後輪をグラベルに乗せながら果敢に攻めていましたが、藤野選手が遅れを取ってしまい、末永選手にアドバンテージを与え、前後入れ替えましたが、経験に勝る末永選手が慣れないターンを上手くまとめて勝利しました。

・#5 高山健司 選手 vs #70 横井昌志 選手

こちらはレクサスのGSのボディに2JZエンジンを搭載し、800馬力以上を発揮する高山選手とドリフト用チューニングパーツD-MAXのカラーリングのS15シルビアに、なんと1000馬力近い2JZエンジンを搭載したD1ならではのモンスターマシンを操る横井選手の対戦です。

大柄で軽量化してあるとはいえ、D1では重量級のGSは、安定感と過激さという矛盾したような角度で300Rからすっ飛んできました。横井選手もそれに食らいついて、若干高山選手優勢でヘアピンを立ち上がりポイントとなる180度ターン。

ここで高山選手、痛恨のスピンアウト!横井選手の勝利!

#1 川畑真人 選手 vs #60 今村陽一 選手

この追走のメインカードである、1000馬力オーバーのFR仕様R35GT-R「GReddy 35RX SPEC-D」のカーナンバー「1」を付ける川畑選手。

その相手は、ベース車は、世界に500台しかないジャパニーズ・スーパーカー「レクサスLFA」にトヨタがアメリカ・NASCARマシン用に用意したV8レーシングエンジンを載せたトンデモD1専用マシンを駆るのは、ベテラン・今村選手!

2台とも元がスゴいだけに、そんなクルマが200km/hスピードで横を向いてしまうというD1でしか見られない光景に、観戦しているファンは釘付けになっていました。

流石はチャンピオン経験もある2人のツインドリフトは、撮影を忘れてしまいそうになるほどのキレイかつ大迫力の追走バトルでした。

勝敗は、共に大きなミスはなかったものの川畑選手の角度とケムリが今村選手のそれを上回り現チャンピオンの実力を見せつけました。

通常の追走バトルの次は、団体ドリフト!3〜4台で構成された3チームでよりデンジャラスなドリフトを見せつけます。

・チーム「やりすぎ」

まず最初は、1000馬力級のモンスターマシンと、そのテクニックもモンスター級のドライバーで構成されたチーム「やりすぎ」。高山選手を先頭で今村選手、日比野選手、川畑選手の順でヘアピンにアプローチ!

そして、立ち上がり、4台で180度ターンに突入するのですが…

4台ともコースを大きく外れて大きなラインで180度ターンを攻略!ちょっとズルい様な気がしますが、非常に隊列の揃った団体ドリを魅せてくれました。

次は800馬力前後のマシンで構成されたチーム「ちょうどいい」。どこらへんがちょうどいいのかはよくわからないですが(笑)

末永選手先頭に、古口選手、藤野選手、唄(ばい)選手が続きます。300Rからヘアピンのアプローチまではきれいに揃っていたのですが、ヘアピンから隊列が乱れてしまい、180度ターンでは完全にバラバラになってしまい

最後のヘアピンでは、間隔が空いてしまい、惜しい団体ドリになってました。

最後は、チーム「あまりもの」ちょっとかわいそうなチーム名ですが、前日に行われたD1富士の単走予選のトップ3、寺町選手、横井選手、箕輪選手のチームです!

そんなチーム名ですが、300Rからの飛び出しは一番のスピード、角度で飛び出してきました。ヘアピンもスリーワイドの隊列を崩さず、各々の呼吸が合ったまま最難関の180度ターン!

ここで先頭の寺町選手がスピン!すぐに体勢を立て直すものの、2台の後ろから追いかける形になってしまいました。それ以外は、非常にハイレベルな団体ドリだっただけに惜しい!

いかがでしたでしょうか?このモーターファンフェスタで初めてD1を観戦した方も多くいたそうです。

1トンを超えるクルマがこれだけのハイスピードで自由自在に動く、それをコントロールするドライバーのテクニックに驚いたと思います。

今年で16年目、東京オリンピックが開催される2020年には20年目、元々は公道から始まったアンダーグラウンドなカテゴリーが、世界全体で人気のモータースポーツカテゴリーになりました。クルマも、ドライバーもまだまだ進化し続けます。次は是非D1シリーズ本戦を観戦しに行きましょう!

(栗原 淳)

【モーターファンフェスタ】スーパーテクニックの大バーゲン!D1 GRAND PRIX ドリフト頂上決戦(http://clicccar.com/2016/04/27/368772/)