履いている靴であなたの「ガードの固さ」がわかる心理テスト

写真拡大



Q.あなたは外出します。どんな靴を履いて出掛けますか。

1.革靴2.スニーカー3.サンダル4.ブーツ

この心理テストでは、あなたの「ガードの固さ」がわかります。靴は身体を支える足を守るもの。深層心理では「ガードの固さ」を示します。つまり、あなたの異性に対する警戒心の強さがわかるのです。それではそれぞれ結果を見ていきましょう。

■1.革靴・・・鉄壁度60パーセントくらい

革靴はフォーマルな時に履くもの。そんな革靴を選んだあなたは「鉄壁度60パーセント」くらい。好きな相手でも、告白されるまでは慎重に相手のことを見定めて、清いお付き合いをしたいタイプ。一方で、お目当ての相手を手の早いライバルに横取りされてしまう面もあるでしょう。

■2.スニーカー・・・鉄壁度40パーセントくらい

スニーカーは活動的な時に履くもの。そんなスニーカーを選んだあなたは「鉄壁度40パーセント」くらい。お付き合いしたいなと思える相手なら身体を許してしまうタイプ。

身体で相手の気持ちをキープしたいところがあるので、相手に都合良く振り回されてしまう面もあるでしょう。

■3.サンダル・・・鉄壁度20パーセント以下!?

サンダルは気軽に履けるもの。そんなサンダルを選んだあなたは「鉄壁度20パーセント以下」!?気が合えば、会ったその日でもベットインするタイプ。

異性との経験値が自分の価値だと感じているところがあり、なかなか手を出してこない相手にはむしろ自分から積極的にいく面もあるでしょう。

■4.ブーツ・・・鉄壁度80パーセント以上

ブーツは足をしっかりと守るもの。そんなブーツを選んだあなたは「鉄壁度80パーセント以上」。警戒心が強く、結婚するまで純潔を守りかねないタイプ。

異性につけ入るスキを与えたら「負け」だと思っているところがある一方で、1度許した相手であれば、マニアックな性癖も受け入れてしまう面もあるでしょう。

■おわりに

あなたの診断結果はいかがだったでしょうか。どの段階で関係を深めるかは個人の価値観ですが、自分の行動パターンが付き合いたい相手と合っているのかは確認しておきましょう。(藤間丈司/ライター)

(ハウコレ編集部)