『エクス・マキナ』 ©Universal Pictures

写真拡大

映画『エクス・マキナ』から予告編が公開された。

【予告編を見る】

世界最大のインターネット会社のCEO・ネイサンが所有する別荘を舞台にした同作。ネイサンの別荘に滞在することになったプログラマーのケイレブが、美しい女性の姿をしたロボット「エヴァ」に搭載された人工知能のテストに協力することを求められ、やがてその実験が人間と機械の主従関係を揺るがす心理戦に発展していくというあらすじだ。

予告編では、アリシア・ヴィキャンデル演じるエヴァとドーナル・グリーソン演じるケイレブが出会うシーンや、2人が交流する様子を監視カメラで観察するネイサンの姿、エヴァがケイレブに助けを求める場面などが確認できる。

なお『エクス・マキナ』が初の監督作となる小説家で脚本家のアレックス・ガーランドは、同作について「人は人工知能やコンピューター全般に過剰なまでの恐怖心を抱きます。それは決して頭から離れません。人の性なのでしょう。ただ、私自身はあまりテクノロジーを危険視していないので、少し違う角度からアプローチを試みました。『エクス・マキナ』で私が寄り添おうとしたのは人間ではなくロボットです」と語っている。同作は6月11日から東京・渋谷のシネクイントほか全国で公開される。