1グラム単位で授乳量がわかるベビースケールをタニタが新発売

写真拡大

タニタでは、家庭用では国内初となる、1グラム単位で赤ちゃんの授乳量が表示可能な授乳量機能付ベビースケール「nometa(のめた)BB-105」を5月1日から発売する。本製品は、同社が長年培ってきた高精度計測技術を応用し、新生児期におけるわずかな授乳量でも確認できるようにしたことが特徴。


これまでに流通していた家庭用ベビースケールの計測最小単位は5グラムであったため、母乳育児に必要な授乳量を細かく確認したいというニーズに応える形で開発された。赤ちゃんの体重を授乳前後にそれぞれ計測してその差を授乳量として表示するため、従来のような記録・計算の手間がかからない。

計測台には赤ちゃんのからだが安定するように、すべりにくく柔軟性に優れ、万が一赤ちゃんが噛んでも害のないEVAマットを採用。本体サイズは幅580×高さ93×奥行き390ミリメートルで、電池を含む重量は約2.2キログラム。計測可能体重は最大20キログラムまで。同社オンラインショップでの価格は15,984円(税込)となっている。

授乳量計付きベビースケール nometa BB-105|タニタ
http://www.tanita.co.jp/page/bb/nometa/