27日、韓国メディアによると、中東から帰国した30代の韓国人女性が中東呼吸器症候群(MERS)の疑いがあるとの診断を受け、隔離されていることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーからは不安の声が寄せられている。写真はドバイ。

写真拡大

2016年4月27日、韓国・聯合ニュースによると、中東から帰国した30代の韓国人女性が中東呼吸器症候群(MERS)の疑いがあるとの診断を受け、隔離されていることが分かった。

韓国・全南大病院などによると、27日午前11時ごろ、光州市に住む女性がMERSの疑いがあると診断され、同病院の隔離病棟に入院した。女性は最近、ヨーロッパ旅行を終え、アラブ首長国連邦のドバイを経由して帰国した後、高熱や鼻水などの症状を訴えた。遺伝子検査の結果は同日午後遅くに出る予定だという。

韓国では今年に入り、「MERS疑い患者」として隔離される事例が毎日1〜2件ずつ報告されているという。

これについて、韓国のネットユーザーからは不安の声が寄せられている。

「また悪夢が始まるの?」
「前回のように、患者を放置して全国に拡散させないよう気を付けて」

「またMERSが拡散したら韓国の経済はどうなる?取り返しのつかないことになるだろう」
「旅行に行くのは自由だが、他人に迷惑を掛けるな」
「しばらくは海外旅行を自粛してほしい」

「MERSのワクチンはまだ開発されないの?」
「なぜ韓国人ばかりがMERSにかかる?ドバイには他の外国人もたくさんいるはず」(翻訳・編集/堂本)