写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は4月27日、ウイルスなどの不審なマルウェアを解析してレポートする有償サービス「マルウェア解析サービス」を7月1日より提供開始することを発表した。

「マルウェア解析サービス」は、利用者から提出されたマルウェアを、キヤノンITSの技術者が検体として基本的な動作を解析し、解析報告書を作成するもの。解析報告書(10〜20ページ)には、企業の情報システム部門がインシデント対応や社内報告のために必要な情報が記載される。

報告書の主な記載項目は、検体の概要(ESET検出名/対応パターンファイル)、解析結果概要、通信先情報・通信データ、感染確認手順、復旧方法となっている。

価格は、いずれも税別で、「マルウェア解析サービス 月額」が350,000円(4検体/月まで対応)、「マルウェア解析サービス スポット解析」が100,000円(1検体)となっている。

(辻)