26日、オーストラリアのターンブル首相は同国の次期潜水艦開発について、フランスの企業に発注すると発表した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月26日、ロイター通信によると、オーストラリアのターンブル首相は同日、同国の次期潜水艦開発について、フランスの企業に発注すると発表した。

オーストラリアの次期潜水艦計画をめぐっては、日仏独3カ国が参画を目指して提案していた。ターンブル首相は26日、新たに導入する12隻の潜水艦の共同開発相手をフランスの造船大手DCNSに決めたと発表した。総事業費は約500億豪ドル(約4兆3000億円)だという。日本の安倍晋三政権は武器輸出三原則を緩和し、オーストラリアの潜水艦受注に期待をかけていたが、実現しなかった。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「なぜ米国は入札に参加しなかったのだろう?多大な雇用創出になったはずなのに」

「オバマ大統領、米国の入札はどうなっていたんだ?」

「オーストラリアにそんなものは必要ない」

「中国がオーストラリアにとって脅威となっているのだから、日本を選ばなかったのは愚かだ」

「フランス人はパンとワインを作る人々だ。これは良くない契約だ」

「フランスはナポレオンの時代以降、戦争に勝ったことがない。それなのにどんな知識を持っているというんだ?」

「それでも私はルノーよりレクサスが欲しいと思っているよ」(翻訳・編集/蘆田)