Apple Watchを批判したと報じられていたアップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアックが、一連の発言はあくまでジョークだと弁明した。アップルからはいまでも「週払いで」報酬を得ているという。

アップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアックは2016年3月、Apple Watchがアップルを「宝飾品マーケット」に連れて行ってしまったとして嘆いた、と報じられている(日本語版記事)。

「「Apple Watch批判はジョーク」──ウォズ、アップルの「節税」にも言及」の写真・リンク付きの記事はこちら

ウォズニアック氏は4月21日(現地時間)、英国マンチェスターで開催された「ビジネスロックス」会議で、「扇情的な報道によって、わたしの言葉が間違った解釈で伝えられました」と説明した(冒頭動画)。

「Apple Watchを批判したつもりはありません。わたしが伝えたかったのは、わたしもApple Watchを愛用しているということだけです。500ドル、550ドル、600ドル、さらには1,100ドルまで、20種類のApple Watchがありますが、その違いはバンドだけです。つまり、500ドルや1,000ドルで好きなバンドを選んでいるということです。この発言はあくまでジョークでした。それにもかかわらず、彼らは『(ウォズは)Apple Watchを認めない』と聞こえるように報道したのです」

いっぽう、ウォズニアック氏は「BBC Radio 5 Live」の取材に応え、アップルの税金対策について次のような意見を述べた。「アップルが不正を働いているとしたら、その考え方に賛同できません。わたしはたくさん働き、たくさん旅行し、50パーセント以上の税金を納めています。これは人生の一部であり、皆がそうするべきだと、わたしは考えています」

アップルはヨーロッパ諸国での事業について、税率が低いアイルランドで税金を納めるよう調整している。たとえば英国の法人税は20パーセントだが、アイルランドは12パーセントと低い。

現在もアップルでかたちだけの役職をもつウォズニアック氏は、「世界中のすべての企業」が、個人と同程度の税金を支払うべきだという持論を展開した。

ウォズニアック氏はビジネスロックスで、アップルにおける自身の立場について、「アップルを立ち上げた当初から週払いが好きだったため、毎週少しずつ報酬を受け取っています」と明かした。また、最後にアップルに問い合わせたとき、「今もスティーブ・ジョブズの直属だと伝えられました。私は『良かった。それなら解雇される心配はないね』と答えました」

ただし、かたちだけの役職をもっていても、アップルが秘密裏に進めるプロジェクトを知っているわけではない。「アップルで行われていることは一切知りません。知る必要がないためです」とウォズニアック氏は言い添えた。「しかも、私は正直者のおしゃべりです。彼らはわたしを近付けるのが怖いのでしょう。それでも、解雇されることはありませんが」

ウォズニアック氏は現在、コミコン (Comic-Con International) を米国サンディエゴや東京で開催するなど、エンターテインメント事業や慈善活動、技術プロジェクトに精力的にかかわっている。