お菓子の世界で、春の訪れを感じさせてくれるのが、季節限定で各社から発売される抹茶味。ほろ苦く濃厚な味は、ストレートな甘さでないためヘルシーな気がしますが、でもそれは錯覚。1箱で700kcalを超えてしまうものがあり、きちんと箱の裏面などでカロリーをチェックする必要があります。

今回は、過去記事「1箱で900kcal超えも!食べ過ぎ注意“定番チョコ菓子”カロリーリスト」のシリーズで、抹茶味のチョコ菓子のカロリーをまとめてご紹介しましょう。

■カロリーレベル:低(300kcal未満)

・『焼きチョコBAKE 薫る抹茶』(森永製菓)・・・1箱(10粒入)/220kcal

・『ブランチュールミニDX濃厚宇治抹茶チョコレート』(ブルボン)・・・1箱(12個入)/233kcal

・『LOOK玉露入り抹茶』(不二家)・・・1箱(12粒入)/264kcal

・『オレオ ビッツサンド 抹茶』(ヤマザキナビスコ)・・・1袋(60g)/292kcal

300kcal未満で抑えられる、低カロリーな抹茶菓子は、どれもコンビニで販売されているスモールサイズばかり。通常の味と抹茶味のカロリーを比較しても、大差ないものがほとんどです。

■カロリーレベル:中(300〜500kcal)

・『小枝 宇治抹茶』(森永製菓)・・・1箱(61.6g)/319kcal

・『アーモンド 京抹茶チョコレート仕立て』(明治)・・・1箱(54g)/320kcal

・『大人のオレオ 京抹茶』(ヤマザキナビスコ)・・・1箱(7個入)/322kcal

・『アルフォートミニチョコレートプレミアム 宇治抹茶』(ブルボン)・・・1箱(12個入)/322kcal

・『ポッキー かさね抹茶』(グリコ)・・・1箱(65g)/328kcal

・『たけのこの里 抹茶ミルク』(明治)・・・1箱(63g)/350kcal

・『もちもちショコラ抹茶チョコレート』(ブルボン)・・・1箱(8個入)/360kcal

・『パイの実 蔵出し宇治抹茶』(ロッテ)・・・1箱(69g)/381kcal

・『ポッキー 和ごころ宇治抹茶』(グリコ)・・・1箱(84.4g)/428kcal

・『TOPPO 香り広がるふくよか抹茶』(ロッテ)・・・1箱(88g)/474kcal

一般的なチョコ菓子でも最も商品数が多かったのが、400kcal前後のもの。抹茶味でもその法則は当てはまりそうです。

400kcalといえば、おにぎり2個、ざるそば1杯程度ですから、間食としてはギリギリ許されるラインでしょうか。ダイエット中の方なら、やや食べすぎになってしまうかもしれません。

■カロリーレベル:高(500kcal以上)

・『チョココ 薫る抹茶』(ロッテ)・・・1箱(17枚入)/544kcal

・『カントリーマアム玉露入り抹茶』(不二家)・・・1箱(14枚入)/700kcal

500kcalの大台を超えてしまった2品はどちらも、高カロリーの常連であるクッキー。1箱を何日かにわけて食べるのなら良いですが、途中で食べるのを止める我慢ができない人は、これらを自宅に置いておくのは危険かも。

注意しておきたいのは抹茶の味が濃ければ濃いほど、甘さが控え目であると思ってしまいがちな点。チョコレートや乳製品などの原料が多ければ、たとえ濃厚な抹茶味であったとしても、カロリーは高くなります。

「うそっ…600kcal超えはツラい!“高カロリーなコンビニスイーツ”4選」や「うそっ…恐怖の1000kcal超えも!“高カロリーなコンビニカップ麺”4選」などもぜひ参考にしてみてくださいね。