読者提供

写真拡大

(台北 27日 中央社)26日午後7時34分頃、台北メトロ淡水信義線、台北101/世界貿易センター−東門間で電気系統のトラブルがあり、台大医院−象山間で約1時間にわたり運転を見合わせた。約1万5000人に影響が出たほか、駅間で立ち往生となった電車の乗客が、線路を歩いて近くの駅まで移動した。

同社によると、大安駅の変電所で異常が発生したという。運転が見合せとなった区間では代行バスを運転して対応した。

(顧セン/編集:齊藤啓介)