1955年のミス・ユニバース世界大会の動画を発見! 巨大な貝がらのセットに立って美女たちが街中をパレードしてるよ…!!

写真拡大


世界を代表するミスコンのひとつ「ミス・ユニバース」。

1952年にスタートし実に60年以上にわたり開催されていますが、今回YouTubeからご紹介するのは1955年、第4回のミス・ユニバースの様子を収めた動画。

時代を感じさせる映像や当時の世界各国の代表者たちの過ごし方、選考過程などなかなか興味深いものがあります。

【1955年第4回大会】

YouTubeの動画に書かれている説明によると、この年のミス・ユニバースは第4回目。7月22日にアメリカカリフォルニア州のロングビーチで開催されたとのこと。世界各国から33名の若い女性たちが集まり大会に臨んだそう。

【どんなふうに過ごしてた?】

過ごし方についてですが、動画を観るとプールで世界各国の代表者たちと交流を深めたり、当時の映画スターと会う機会が作られたりとなかなか楽しそう。

極めつけはパレード。一台の車の上に各国代表者ひとりずつが立ち、手を振りながらロングビーチの街中を進むんですが、彼女たちのバックには大きな貝がらの作り物が……! まるで“ヴィーナスの誕生”をモチーフにしたかのよう。正直「そのセットはどうなんだ?」と思わなくもないですが、60年以上前とはいえスタイル抜群の美女たちが立つ姿は映像映えしますね。

【この年の優勝者は誰だった?】

動画の最後のほうではミス・ユニバースの発表や受賞の風景も。この年はスウェーデンのヒレヴィ・ロンビンさん(当時21歳)が優勝したのだそう。

今日では見た目の美しさだけではなく、知性や品性、社会性なども重視される「ミス・ユニバース」。その初期のころがどのような様子だったか、皆さんも参照元の動画でのぞいてみて。

参照元:YouTube / seng12900 .beautypageant
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事の動画を見る