写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SCSKは4月26日、超高速開発・実行基盤「FastAPP(ファストアップ)」の実行環境として、オラクルが提供するクラウド・プラットフォーム「Oracle Java Cloud Service」に対応し、サポートを開始すると発表した。

「FastAPP」は、プログラミングレス開発により「迅速な開発」「容易な運用」「柔軟な改善」を実現するSCSKオリジナルの業務アプリケーション開発・実行基盤。また、「Oracle Java Cloud Service」は、信頼性、スケーラビリティ、柔軟性に優れた、サブスクリプション・ベース、エンタープライズクラスのセルフサービス型クラウド・プラットフォームで、短期導入、ハードウェア運用からの解放、コスト削減を実現する。

「FastAPP」の実行環境として「Oracle Java Cloud Service」を採用することで、「FastAPP」のメリットを最大限に活かすことができ、多くの企業が求める「システムのスピード立ち上げ」「運用負荷軽減」「コスト削減」というニーズを強力に支援。さらに、最新のフレームワークであるJavaEEへ移行したことで、「FastAPP」で開発したアプリケーションは従来に比べてより長期的に安定して利用することが可能となり、脆弱性などのセキュリティ課題への対応強化というメリットを提供する。

SCSKは、オラクルが展開する「Oracle PartnerNetwork(OPN) Cloud Program」によるクラウドパートナーとしていち早く認定されており、オラクルのクラウドサービスへの取り組みを強化。

「FastAPP」と「Oracle Java Cloud Service」を組み合わせた効果的な使用方法として、「Oracle ERP Cloud」「Oracle HCM Cloud」を顧客固有の要件に合わせて補完する、導入支援・機能拡張サービスの提供を開始している。

(Aries)