おすすめ禁煙方法ランキングの1位は「ガマン」。マクロミル調べ。

写真拡大

5月31日〜6月6日は世界禁煙デー。最近は分煙・禁煙が当たり前になり、さらには4月から一部の煙草の値上げが決定している。喫煙する方の中には、いっそ禁煙しようと思っている方もいるのではないだろうか。しかし禁煙とダイエットには失敗もつきもの。成功する人とそうでない人を分ける違いは? うまくいく方法は? ちなみにITライフハック編集部には、元喫煙者が2名いるが、どちらも禁煙外来などを利用せず、個人的な方法(単に我慢するだけともいう)で禁煙(5年以上なので卒煙?)に成功している。

マクロミルが、過去に禁煙したことのある人で現在喫煙している人・現在も禁煙している人を対象に調査を実施した。調査期間は2016年2月4日(木)〜5日(金)。有効回答数は1,021人。

●禁煙成功率は4回目から大きく減少。禁煙中は、ストレスとお酒からなるべく距離を置いた生活を!

禁煙に成功した人に、禁煙に挑戦した回数を聞くと、平均で1.4回だった。また、 1回目で禁煙を成功させた人は、禁煙成功者全体の37%、 2回目は26%、 3回目は19%と回を追うごとに減少し、 4回目では4%と急激に減少する。また、「挑戦した回数」も3回をピークに大きく減少しており、 3回の失敗で禁煙そのものを諦めてしまう人が多いようだ。

失敗の原因は、 1位「仕事のストレス」、 2位「お酒を飲んだ」、 3位「喫煙者のそばに行った」という結果に。例えば、仕事のストレスを発散しようと同僚と飲みに行った、などのよくある風景は、禁煙リバウンドへの直行便コースであると言え、ストレス社会での禁煙の難しさが浮き彫りになった。

を読む
・ソニー・エクスプローラサイエンスでソニーの電子タグMESHの体験会を開催
・「花咲くいろは」、「恋と選挙とチョコレート」の一挙放送が決定
・ニフティ、「@nifty温泉」のAndroid向けアプリ「おふろぐ」を提供開始
・AbemaTVがコンデナスト・ジャパンの人気シリーズ「VOGUE」「73の質問」などを放送開始
・定額音楽配信サービス「AWA」ででんぱ組.incの楽曲配信を決定