手づかみシーフードレストラン「DANCING CRAB」九州初上陸/画像提供:ミールワークス

写真拡大

【ダンシングクラブ/女子旅プレス】シンガポール発の手づかみシーフードレストラン「DANCING CRAB(ダンシングクラブ)」が2016年秋に九州に初上陸。九州第1号店・日本第3号店として、福岡・博多の大型複合商業施設「キャナルシティ博多」にオープンする。

【さらに写真を見る】シーフードなど食材を特オリジナルのソースにからめた名物料理

◆「DANCING CRAB(ダンシングクラブ)」とは?


「DANCING CRAB」は、調理されたシーフードをテーブルの上に広げ、ナイフやフォークを使わず手づかみでワイワイ楽しく食べるという豪快なスタイルが人気を博し、2014年10月に日本1号店が新宿に、翌年8月には2号店が大阪にオープンし、大型レストランでありながらなかなか予約の取れない人気レストランとなっている。

◆特製ソースがくせになる豪快なシーフード


メインは、アメリカ南部で親しまれているケイジャン料理を元に、調理した蟹や海老、貝などを丸ごと「シグニチャーソース」などを絡めて豪快に食べる料理。

このシグニチャーソースは、ケイジャンソースにナンプラーやチリソースなどを加えた、ダンシングクラブオリジナルで、素材と絡み合い、くせになる美味しさを生み出している。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■DANCING CRAB(ダンシングクラブ)福岡(仮称)店舗情報


オープン日:2016年秋(予定)
住所:福岡県福岡市博多区住吉1丁目2-82グランドビルB1Fキャナル・グランドプラザ
営業時間:11:00〜23:00(LO 22:00)予定
店休日:無休