蔡英文氏総統就任記念の台湾ビール、数量限定で来月発売  初の試み

写真拡大

(台北 27日 中央社)来月20日に民進党・蔡英文主席が総統に就任するのを前に、「台湾ビール」を製造・販売する台湾煙酒(台北市)は来月上旬、記念ビールを数量限定で発売する。新総統就任を記念したビールが発売されるのは初となる。

同社によれば、パッケージデザインは、国際的に活躍するグラフィックデザイナーのアーロン・ニエ(聶永真)氏とイーブン・チェン(陳聖智)氏が担当。ドット絵をコンセプトの主軸とし、さわやかでシンプルなデザインを施した。パッケージシールの下部には「国家が偉大なのですか?国家はあなたがいるから偉大なのです」とのメッセージが書かれ、一人一人が台湾を構成する重要な役割を持つことが表現された。デザインは全2種類。

記念ビールは同社一番人気の金牌台湾ビールを採用。容量は330ミリリットル。消費者に手にしてもらいやすいように、希望小売価格は通常の金牌台湾ビールと同様、35台湾元(約120円)に設定。コンビニエンスストアの希望小売価格は40元(約137円)となる。

同社によると、記念ビールには正式発表前から問い合わせが殺到していたという。

総統就任記念品としては、中華郵政も来月に記念切手と小型シートを発売。記念ビールと同様、ドット絵風のデザインがあしらわれている。

(邱柏勝/編集:名切千絵)