平子理沙がブログへの中傷コメントに怒り 「自殺しろ」と100件以上の書き込みも

写真拡大

24日、モデルでタレントの平子理沙がブログ上で、中傷コメントについて言及した。

平子は、23日のブログ内で熊本地震の被災者へ向けて「被害に遭われた地区の皆様の
一日も早い復興を心の底からお祈りしています」とつづっている。

ところが、このエントリーに大量のネガティブなコメントが寄せられたそうだ。そこで平子がIPアドレスを調査したところ、ある6名が「異常な数のコメント」を残していたことがわかったという。

平子は「自殺しろ」と100件あまり投稿する人間もいたといい、「匿名で自分の身元は明かされない事をいい事に書き込む卑怯な行為」と怒りをあらわに。「こんな犯罪のようなものが許されているネット社会、きちんと法律を作る事は出来ないのでしょうか?」と訴えている。

どうやら、これまでにも中傷コメントはあったようだが、平子は「今回は特に、震災を利用して誹謗中傷をして不快な気持ちにさせたり、人気が落ちる様にしむけたり、自殺に追い込もうとしたり、あまりにも悪質で卑怯だと思ったので書かせてさせて頂きました」と騒動を明かし、中傷コメントにともに怒ってくれたファンに対しての感謝を綴っている。

・平子理沙ブログ
LINEブログ読者のみなさまへ

【関連記事】
弁護士の大渕愛子氏が番組ドッキリで、夫・金山一彦の嘘の借金を「私が肩代わりするよ」と宣言し夫婦愛を見せつける
弁護士が明かす裁判の裏事情 「証拠が足りないから無罪だという弁護は許されている」
尾行、脅迫も…弁護士が危険な日常を暴露し中居正広も唖然