写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エンタープライズグループウェア「サイボウズ ガルーン」は、数万人規模でも利用できる拡張性を備え、部門や拠点が複数に点在するような大企業をターゲットに据えるグループウェア。

今回、同社は横浜市の導入事例を発表した。横浜市は、2020年の新市庁舎移転に向けて、動き出しており、民間ビルに点在している執務室のほとんどが1カ所に集まることになる。

横浜市は2014年に「横浜市情報化の基本方針」を策定しており、この中でもグループウェアの統合を具体的な施策として掲げている。従来各区局で利用していたグループウェア環境では、うまく情報連携できないことによる非効率が散見されていたことに端を発している。

現在、横浜市では、サイボウズガルーンが約8,000名の規模で利用されているが、今後4年をかけて約2万人規模での利用が予定されているという。新市庁舎移転によるビルの統合により、会議室の予約など物理的なフローの効率化はもちろん、ICTガバナンスやペーパレス化など、同市が掲げる効率的な行政運営への寄与が期待される。

「サイボウズ ガルーン」は、日本企業の商習慣を考慮した管理権限やワークフローときめ細かな設定がや運営管理、組織を横断したプロジェクト支援機能なども充実しており、同社公式サイトには、デザインを含む細部にわたる改善のための頻繁なアップデート情報も掲載してある。

(長岡弥太郎)