今発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の株主優待株の大特集「ザイ編集部と優待株名人の桐谷広人さんが選んだオススメ優待株174」の中から、優待がもらえる最低投資額が安い株のベスト10を発表。 安く買えるということは、分散投資がしやすいといったメリットがあるほか、NISAの枠をフルに活用するのにも好都合だ。さっそくチェックしよう。

5万円以内で買える優待株は
15銘柄のうちなんと12銘柄も!

 株主優待を受け取る際、“優待がもらえる”という点に注意が必要だ。株は100株、1000株など、決められた株数単位で買うもの。ただまれに、売買単位は100株で、優待をもらえるのは300株から、といった会社も存在する。そこでザイは、優待がもらえる株数で購入金額を計算し、株主優待をゲットするのに必要な金額を小さい順にならべてみた

◆株主優待がもらえる最低購入金額ベスト15銘柄
株主優待銘柄/主な株主優待内容 最低購入金額 優待+配当利回り
サノヤス(7022)/【確定月】3月
【株主優待内容】
100株 パレットタウン大観覧車の利用券(2枚)
2万2000円 10.64%
【編集部のコメント】
桐谷さん銘柄。「2枚の観覧車利用券で必ずやデートを」と保有継続中。
最低購入額が低いサノヤス(7022)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
コジマ(7513)/【確定月】8月
【株主優待内容】
買物券(500円) 100株 2枚、500株 6枚、1000株 10枚など
2万3700円 4.22%
編集部のコメント】
家電量販店に多い割引タイプの優待券。電池や電球をオトクにまとめ買い。
最低購入額が低いコジマ(7513)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
テンアライド(8207)/【確定月】3月・9月
【株主優待内容】
食事券(500円) 100株 2枚、500株 10枚、1000株 20枚
3万5800円 5.59%
編集部のコメント】
100株3.6万円と安いので、店をよく使うなら500株保有もオススメ。
最低購入額が低いテンアライド(8207)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
秀英予備校(4678)/【確定月】3月・9月
【株主優待内容】
100株 図書カード(500円分)
4万円 5.50%
編集部のコメント】
金券優待の中では配当+優待利回りで2位。読書家は持ってて損なし。
最低購入額が低い秀英予備校(4678)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
株主優待銘柄/主な株主優待内容 最低購入金額 優待+配当利回り
ルネサスイーストン(9995)/【確定月】3月
【株主優待内容】
QUOカード 100株 1000円分、1000株 2000円分な
4万1700円 5.28%
編集部のコメント】
半導体商社。自動車を中心に、製品や技術を提供。優待はQUOカード。
最低購入額が低いルネサスイーストン(9995)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
日本フイルコン(5942)/【確定月】11月
【株主優待内容】
ワイン 100株 1000円相当品、1000株 2000円相当品
4万2100円 5.23%
編集部のコメント】
当社は製造業だが子会社に。米国ノースウエストワインの輸入販売社がある。
最低購入額が低い日本フイルコン(5942)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
フジ日本精糖(2114)/【確定月】3月
【株主優待内容】
自社製品 100株 1000円相当、1000株 3000円相当
4万3900円 4.33%
編集部のコメント】
上白糖や三温糖など料理、飲み物に必ず使う砂糖のセットがもらえて重宝。
最低購入額が低いフジ日本精糖(2114)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
株主優待銘柄/主な株主優待内容 最低購入金額 優待+配当利回り
明星工業(1976)/【確定月】3月
【株主優待内容】
JCBギフトカード 100株1000円分、1000株 2000円分など
4万5600円 4.39%
編集部のコメント】
化学プラントなどの熱絶縁工事を請け負う、大阪の会社。
最低購入額が低い明星工業(1976)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
ヤマウラ(1780)/【確定月】9月
【株主優待内容】
長野県特産品から選択 100株 2500円相当、1000株 6000円相当など
4万7000円 6.38%
編集部のコメント】
利回りに続き少額でもランクイン。複数から1セット選べるのが嬉しい。
最低購入額が低いヤマウラ(1780)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
ヤマシンフィルタ(6240)/【確定月】3月・9月
【株主優待内容】
QUOカード 100株 500円分、1000株 1000円分
4万8500円 4.12%
編集部のコメント】
昨年5月に新設。今年3月末に1部昇格を果たし、今後の動向に注意。
最低購入額が低いヤマシンフィルタ(6240)の最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
※権利確定日は黒字:末日

 1位はサノヤスHD(7022)。約2万円で買える株だが、お台場のシンボルとも言える、大観覧車のチケットが2枚もらえる。この株を激推ししてくれたのが桐谷さんで、いわく「いつか必ずステキな女性と乗ります。それまで保有します」。

 2位がコジマ(7513)。500円の買物券がもらえるが、こちらは2000円以上の買物につき1枚、という使用制限が。2000円の買物をしたとして、1500円分は現金を支払わなければならないが、ここで併用したいのがランク外だがビックカメラ(3048)の優待券。いまコジマはビックカメラ傘下で、両社の優待券は相互利用が可。そこで500円分をコジマ、1500円分をビックカメラの優待券で支払えば、現金支払いはゼロで済む。

 3位のテンアライド(8207)は居酒屋の天狗などを運営する会社。100株で1000円分食事券がもらえる。購入額が安いうえ、500株でも5000円分と利回りが落ちないので、よく利用する人は500株買いを検討してもいいだろう。