ヤマハはいかに音の未来をアップデートをするのか?「Sound & City」で注目のプログラムを展開

写真拡大

ピアノ、ギターといった楽器から、スピーカー、パワーアンプといった音響機器まで、さまざまな音にまつわる事業を手がけるヤマハ。この度「Sound & City」に登場するのは、ヤマハがコラボレーションによって生み出した音にまつわる「靴」と「車いす」だ。【イヴェントは終了しました】

「ヤマハはいかに音の未来をアップデートをするのか?「Sound & City」で注目のプログラムを展開」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本が誇る楽器・音響メーカーのヤマハは、「音と人と社会」の未来にどんな視線を投げかけているのだろうか? それを包括的に知るチャンスが、新しいタイプの音楽イヴェント「Sound & City」で実現する。3つの展示 & プログラムから見えてくる、音の未来はどんなものだろうか?

今年のSXSWに登場し、注目を集めた「インタラクティヴ・シューズ・ハブ」というプロジェクトは、富士通とのコラボレーションによって実現したもの。これは「靴のIoT」とでも呼ぶべき情報プラットフォームで、「靴」をインターフェイスとして、身体や環境データなどを収集、解析することで、さまざまなソリューションを生み出すことを目指して開発された。今回はSXSWに引き続き、ヤマハとのコラボレーションで音のソリューションを「Future Music & Shoes Experience」の名のもと提案する。靴から得られた情報を音へと変換し、人々の動きから音楽が紡ぎ出されるという、新しい「音楽体験」となる。人の足の動きに合わせて、インタラクティヴに空間から音楽が流れ出す「都市と音」をめぐる興味深い実験だ。

音を奏でる電動アシスト車いすは、「車いす」という概念に「楽器」というエンターテインメントの要素を付け加える。

加えて、ヤマハとヤマハ発動機のデザイン部門が手を取り合って1つのテーマを共同でデザインするプロジェクト「&Y(アンディ)」から生まれた音を奏でる電動アシスト車いす「&Y01」が登場する。高い操作性をもち思い思いの動きを軽やかに実現した車イスにはパーカッションが装着され、まさに「楽器に乗る」ような新たな体験がつくり出されている。動きとリズムを自在に表現する、未来志向のインストゥルメントにぜひ、この機会に乗ってみてほしい。また、ヤマハが開発した、電子弦楽器のシリーズから、サイレントチェロ™・サイレントバイオリン™の展示も同時に行われる。

また、テックショップトーキョーでは、「音楽とテクノロジーの交差点が創造する未来」というタイトルで、「音楽」と「テクノロジー」との融合から、社会を豊かにするデザインがいかに可能かを、Yamaha Corporation of AmericaのR & Dマネジャーの河合良哉を迎えて語りあう。ウェブブラウザー上で音楽アプリケーションを開発する為のAPIをW3C(World Wide Web Consortium)のメンバーとして標準化活動を行いながら、それら機能の普及啓蒙活動行っている。現在はサンフランシスコを拠点に更なるWebと音楽の未来に向け活動する河合は、どんな「音の未来」を語ってくれるのか、注目だ。


「音楽とテクノロジの交差点が創造する未来」
日時:4月29日(金)13:00〜13:30 ※12:30開場
スピーカー:河合 良哉(R & D Manager, Yamaha Corporation of America)
料金無料終了しました

Future Music & Shoes Experience
富士通+ヤマハ|「靴のIoT」から新しい音楽が生まれる

日時:4月28・29日 アーク・カラヤン広場内
料金無料終了しました
interactive-shoes-hub.com

&Y01 + Silent Cello™ & Silent Violin™
ヤマハ+ヤマハ発動機|未来の車イスは、未来の楽器

日時:4月28・29日 アーク・カラヤン広場内
料金無料終了しました

INFORMATION

2016/4/28・29開催:「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、2016年4月28(木)〜29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント。イヴェントの内容および当日の盛り上がりをお伝えするレポートについては、こちらより