ベトナムを訪れるようになったのは2000年代のはじめだが、当時でも外国人旅行者が泊まる高級ホテルには液晶テレビが据えつけられていた。メーカーはLGかサムスンで、日本製のテレビはホーチミンでもハノイでもいちども見たことがなかった。

 携帯電話はベトナムではまだ貴重品で、知り合いの日本人は、ホーチミン市内を携帯片手に歩いていたらいきなりひったくられたといっていた(いまでは考えられない)。だが空港や街なかではサムスンの大きな広告があちこちで展開されており、その一方で日本の携帯メーカーの広告はどこにもなかった。

 帰国後、たまたま大手家電メーカーのひとと会う機会があったので、この話をした。

 液晶テレビの話を聞いたメーカーの幹部は、「LGとサムスンですか」と興味なさそうにいった。携帯の話をした別のメーカーの課長は、「ベトナムですか」と見下したように笑った。

 その後、「ベトナムですか」のメーカーは解体されて、事業の一部は中国の家電大手に売却された。「LGとサムスンですか」の会社は、つい最近台湾の電子機器メーカーに買収されることになった。

 私がこの話を思い出したのは、ジリアン・テットの『サイロ・エフェクト』(文藝春秋)を読んだからだ。

先進国にも多々ある「奇妙な風習」

 ジリアン・テットは英フィナンシャル・タイムズ(FT)の東京支局長時代に90年代後半の金融危機に遭遇し、長期信用銀行の破綻から投資ファンド「リップルウッド」による買収に至る内幕を、ティモシー・コリンズCEOや八城政基・新生銀行社長(いずれも肩書は当時)などへの取材をもとに『セイビング・ザ・サン』で描いた。その後FTアメリカ版の編集に携わると、こんどはサブプライムバブルの崩壊とリーマンショックに遭遇し、そのときの精力的な取材は『愚者の黄金』(日本経済新聞出版)にまとめられた。『サイロ・エフェクト』は彼女の最新刊だ。

 サイロは日本ではあまりなじみがないが、家畜の飼料などを保管しておく円塔のことだ。副題の「高度専門化社会の罠」が示すように、テットはここで、官僚化した組織の各部門がサイロのように分断され、それがさまざまなトラブルを招き寄せるのだと述べる。サイロ・エフェクトは、日本語では「タコツボ効果」のことだ。

 このタコツボを観察するにあたって、テットは文化人類学の手法が役に立つという。テット自身が学生時代はケンブリッジ大学で文化人類学を学び、博士論文を書くために旧ソ連時代のタジキスタンの小さな村で2年間暮らした経験があるからだ。

 金融ジャーナリストになってからはこの風変わりな経歴を隠してきたが、2008年の世界金融危機を取材しているときに、ウォール街の金融マンや政府の役人たちの行動は経済合理性では理解できず、伝統的社会(未開社会)を文化人類学者がフィールドワークするように観察・研究すべだと気づいたのだという。

 かつての文化人類学はアフリカやアメリカ大陸、南太平洋など「自分たちとはちがう」社会の習俗を研究する学問だったが、フランスの社会学者・人類学者ピエール・ブルデューの登場以来、先進国の社会も同じ手法で分析できるようになった。それをテット自身の体験や取材にあてはめようというのだが、その際のキーワードが「ハビトゥス」だ。

 この概念をブルデューは、アルジェリアの山奥でカビル族と呼ばれるベルベル人の一種族とともに暮らしたときに発見した。

 カビル族の住居は長方形で、低い壁によってふたつのスペースに分けられている。一方の部屋は壁が少し高く、面積も広く明るい。男たちはここで眠り、客人をもてなし食事をふるまう。もう一方のスペースは狭く暗く低い。女と子どもたちが眠るのも、家畜を飼うのもここだ。日々の暮らしに使うもの、濡れたもの、緑色のもの、湿り気のあるものはすべてこちら側に蓄えられている。

 ブルデューが「なぜ家をこのように配置するのか」と訊くと、カビル族は怪訝な顔をするもののこたえることができない。彼らには、これ以外の家の配置はあり得ないのだ。しかしアウトサーダーであるブルデューは、世界にはそれ以外にも多くの部屋の配置の仕方があることを知っている。

 テットは同様に、私たちが暮らす現代社会にも「ハビトゥス」があふれているという。それは要するに、アウトサイダーから「なぜこのようなことをするのか」と訊かれて、こたえられない暗黙のルールのことだ。――自分の所属する組織を考えれば、片手では足りないくらい即座に思いつくだろう。

 テットは世界金融機関のときに、超エリートが集まるウォール街の投資銀行も不合理な「ハビトゥス」に支配されていることを発見した(映画『マネーショート』がウォール街の「奇妙な風習」を描いて俊逸だ)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)