写真提供:マイナビニュース

写真拡大

DMM.comは、PwCコンサルティングならびにMJIとの3社で、4月27日より感情認識ロボットを活用したマーケティング支援で協業を開始することを発表した。

DMM.com、PwCコンサルティング、MJIの3社は、受付や商品説明、問い合わせ対応などの機能を備えるスマートロボット「タピア」を共同プロデュースし、ホテル、公共、観光、金融などさまざまな分野の店頭およびカウンターでの活用を見込んでいるという。

こうしたスマートロボットと、米国セールスフォース・ドットコムのプラットフォームであるHerokuを基盤としたSalesforceのビジネスプロセスと連携することで、顧客接点である店頭やウェブ、スマートデバイス、営業、コールセンターなどで得られる情報がクラウド基盤上で連携し、IoTの仕組みを実現するとしている。

また、スマートロボットはMJIが製造、DMMが販売し、PwCは顧客接点でスマートロボット活用を検討する企業に対し、企画から導入・運用、付随する情報・業務システムの変更などを含めた全体デザインを手がけるという。

なお、タピアは7月16日にグランドオープンする長崎県・ハウステンボス「ロボットの王国」の「変なレストラン」(200年後のレストランをテーマにした、ロボットの店長とシェフが取り仕切る未来のレストラン)での卓上ロボットとして各テーブルに設置され、来店者との会話や空席管理、注文補助として実証実験的に活用する予定とのことだ。

(早川厚志)